はじまれ、ふたたび
新刊

東日本震災後10年。詩情あふれる思索の旅のエッセイ集

はじまれ、ふたたび

いのちの歌をめぐる旅

  • 姜信子/著
  • 四六判
  • 204頁
  • 2200円+税
  • ISBN 978-4-7877-2101-3
  • 2021.05.31発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

書評・紹介

紹介文

20世紀最後の年から2011年東日本大震災までの10年あまりの間、私は遠い旅を重ねました。そこにはつねに歌があり、語られることのない無数の記憶がありました。
——本書より

カザフスタンから韓国・済州島へ。サハリンからイリオモテへ。歴史の波に翻弄され、地上をさすらう民——朝鮮からの離散民や沖縄移民、炭鉱夫、ハンセン病者、北方の少数民族。著者は世界各地を旅し、人びとが生きのびるために伝える「いのち」の歌や物語を記録してきた。旅先で出会ったのは、歌や物語の中で語られる記憶、そして語られることのない「声にならない声」だった——。
「聞こえない声、見えない光、この世を去った魂たちが棲まう、心の奥の「空白」の風景」を訪ねる、11編の詩情あふれるエッセイ集。東日本震災の体験も含め、記憶だけでなく「記憶の空白」を見つめ、人間の生と死、再生への道を問う。
本書は、2011年に刊行した『はじまれ』の増補新版。あらたに、震災後10年をテーマにした書き下ろしの作品を収録して再リリース。

  • 立ち読み画像

目次

増補新版まえがき——あなたに贈るはじまりの歌

i はじまれ
英雄ナージャ
旅するパンドラ
彷徨いの絆
長夜の夢は獨覚
熊本、コリア、洗足池、キラウエア
取り返しのつかない話
私は行くよ
夢——縛めと赦し
真っ白な愛
生きる
はじまれ

ii はじまれ、ふたたび
不穏な神の声で

著者紹介

姜信子(キョウ・ノブコ)

1961年、神奈川県生まれ。作家。著書に『生きとし生ける空白の物語』(港の人)、『平成山椒太夫』(せりか書房)、『現代説経集』(ぷねうま舎)など多数。共著に『完全版 韓国・フェミニズム・日本』(斎藤真理子編、河出書房新社)など、訳書にピョン・ヘヨン『モンスーン』(白水社)、ホ・ヨンソン『海女たち』(新泉社、趙倫子と共訳)など。2017年、『声 千年先に届くほどに』(ぷねうま舎)で鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。

関連書籍

  • 海女たち
  • 歌は分断を越えて
  • まなざしが出会う場所へFTP
  • 目の眩んだ者たちの国家FTP
  • 原点としての水俣病FTP