倭国の古代学
近刊

国家統一への過程。

倭国の古代学

  • 坂 靖/著
  • A5判
  • 336頁
  • 2700円+税
  • ISBN 978-4-7877-2115-0
  • 2021.11.15発行
  • 書店サイトへ

紹介文

動乱のつづいた東アジアの情勢のなかで、倭国には各地に王が割拠し、それぞれ独自の外交をおこなっていた。5世紀は、「ヤマト」と「カワチ」に政治拠点と墳墓を構えた倭の五王の時代である。激動の時代を経て、倭国大王が中央と地方の関係を築くまでの過程を描く。

目次

序 章 倭国・倭国王と日本・天皇
第1章 3世紀から4世紀の倭
第2章 倭と百済の外交のはじまり
第3章 倭と金官国
第4章 413年の倭の遣使
第5章 「かづらぎ」の王と加羅国
第6章 倭とキビ王権
第7章 倭の五王の政治拠点と墳墓
第8章 ワカタケル大王と「キ」の王
第9章 オオド王(継体大王)と武寧王
結 章 倭国の統一

著者紹介

坂 靖(バン・ヤスシ)

1961年生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了、博士(文化史学)。
現在、奈良県立橿原考古学研究所 企画学芸部長。
主な著作 『古墳時代の遺跡学─ヤマト王権の支配構造と埴輪文化』(雄山閣)、シリーズ「遺跡を学ぶ」079『葛城の王都 南郷遺跡群』(共著、新泉社) 、『蘇我氏の古代学―飛鳥の渡来人』(新泉社)、『ヤマト王権の古代学─「おおやまと」の王から倭国の王へ』(新泉社)、『倭国の古代学』(新泉社)。

関連書籍

  • 蘇我氏の古代学FTP
  • ヤマト王権の古代学
  • 葛城の王都・南郷遺跡群FTP
  • 森浩一古代学をつなぐ