学びの本質を解きほぐす
新刊

いま学校で何が「学び」だと考えられているのか?

学びの本質を解きほぐす

  • 池田 賢市/著
  • A5判
  • 264頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-2104-4
  • 2021.04.14発行
  • [ 在庫あり ]
激動の中を行く 〔新編〕
新刊

日本のフェミニズムを拓いた誇り高いことば

激動の中を行く 〔新編〕

与謝野晶子女性論集

  • 与謝野 晶子/著
  • もろさわ ようこ/編・解説
  • 四六判
  • 296頁
  • 2300円+税
  • ISBN 978-4-7877-2100-6
  • 2021.03.31発行
  • [ 在庫あり ]
欧州の排外主義とナショナリズム
新刊

格差・貧困への怒りが右傾化を生むのか?

欧州の排外主義とナショナリズム

調査から見る世論の本質

  • 中井 遼/著
  • 四六判
  • 304頁
  • 2800円+税
  • ISBN 978-4-7877-2102-0
  • 2021.03.28発行
  • [ 在庫あり ]
誰のための熱帯林保全か
新刊

「責任ある生産と消費」の裏側で起こっていること

誰のための熱帯林保全か

現場から考えるこれからの「熱帯林ガバナンス」

  • 笹岡 正俊/編
  • 藤原 敬大/編
  • 四六判上製
  • 280頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-2103-7
  • 2021.03.15発行
  • [ 在庫あり ]
災害ドキュメンタリー映画の扉
新刊

東日本大震災後に映画を観るということ——。未来との対話としての「震災映像アーカイブ」

災害ドキュメンタリー映画の扉

東日本大震災の記憶と記録の共有をめぐって

  • 是恒 さくら/編
  • 高倉 浩樹/編
  • A5判
  • 272頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-2001-6
  • 2021.01.31発行
パンデミック下の書店と教室
新刊

コロナの時代に本を読み、学び、考えることの意味を問い直す。

パンデミック下の書店と教室

考える場所のために

  • 小笠原 博毅/著
  • 福嶋 聡/著
  • 四六判
  • 224頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-2000-9
  • 2020.11.28発行
  • [ 在庫あり ]
アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした
新刊

作れる! 食せる! 心に沁みる! コウケンテツの初の旅エッセイ&レシピ51品!

アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした

  • コウケンテツ/著
  • 四六判上製
  • 152頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-2026-9
  • 2020.11.06発行
  • [ 在庫あり ]
ぼくは幽霊作家です
新刊

語りえない声、人の生を見つめた九つの短篇集。

韓国文学セレクション

ぼくは幽霊作家です

  • キム・ヨンス/著
  • 橋本 智保/訳
  • 四六判上製
  • 272頁
  • 2200円+税
  • ISBN 978-4-7877-2024-5
  • 2020.10.20発行
  • [ 在庫あり ]
舎弟たちの世界史

韓国でロングセラー。渾身の本格長篇、待望の邦訳!

韓国文学セレクション

舎弟たちの世界史

  • イ・ギホ/著
  • 小西 直子/訳
  • 四六判上製
  • 344頁
  • 2200円+税
  • ISBN 978-4-7877-2023-8
  • 2020.08.20発行
  • [ 在庫あり ]
エリートたちの反撃

行き過ぎたリベラリズムがドイツ民族を没落させる

エリートたちの反撃

ドイツ新右翼の誕生と再生

  • フォルカー・ヴァイス/著
  • 佐藤 公紀/訳
  • 四六判
  • 296頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-2013-9
  • 2020.07.26発行
  • [ 在庫あり ]