お知らせ

メディア2022.03.18

韓国文学セレクション『イスラーム精肉店』の書評が共同通信で配信中(江南亜美子氏評)

書評家の江南亜美子さんによる、ソン・ホンギュ作『イスラーム精肉店』(橋本智保訳)の書評が共同通信で配信され、全国の各地方紙に順次掲載中です。

◎韓国文学セレクション『イスラーム精肉店』(ソン・ホンギュ作、橋本智保訳)
https://www.shinsensha.com/books/4597/

〈80年代のソウル梨泰院地区は、故郷喪失者など国籍も民族も違う人々があやういバランスの上で共生している。「僕」はこの地で人々と交流し、大人になっていく。〉

〈筆致は穏やか、だが僕の見聞きする出来事は強烈だ。……つまり強烈なトラウマにさいなまれる人々の生き死にを、僕はじっと見つめるのだ。〉

〈民族間、宗教間、国家間の何であれ、人々が分断され対立することの愚かさを、本書は切実に描く。朝鮮戦争は大きなモチーフの一つだが、痛みの共感と連帯というテーマは普遍性を持つ。心に恐怖と怒りしかなかった少年が、世界は美しいと涙を流せるようになるまで。ソン・ホンギュの言葉はシビアな現実を捉えつつ、ほの温かい。〉

・「徳島新聞」2022年2月17日「不条理描く韓国リアリズム」
・「北日本新聞」2022年2月19日「痛みの共感と連帯描く」
・「南日本新聞」2022年3月6日「圧倒する韓国リアリズム」
・「佐賀新聞」2022年3月6日「不条理描く韓国リアリズム」
・「岩手日報」2022年3月6日「ブックマイスター 海外文学」
・「信濃毎日新聞」2022年3月12日「分断され対立 愚かしさ切実に」
・「京都新聞」2022年3月12日「不条理描く韓国リアリズム」
・「中国新聞」2022年3月13日「分断・対立の愚かしさ」
・「北国新聞」2022年3月18日「不条理描く韓国リアリズム」
・「福井新聞」2022年4月3日「分断、対立の愚かしさ」
・「河北新報」2022年4月3日「不条理描くリアリズム」
・「高知新聞」2022年4月26日「不条理描く韓国リアリズム」
・「静岡新聞」2022年6月12日「韓国社会の不条理描く」

ほか各紙、順次掲載

 

 

2022年3月18日公開/2022年6月17日最終更新