ビジュアル版 考古学ガイドブック
近刊

考古学の見方・考え方を写真・図で解説する初めての書

シリーズ「遺跡を学ぶ」別冊05

ビジュアル版 考古学ガイドブック

  • 小野 昭/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-2030-6
  • 2020.11.01発行

紹介文

世紀の新発見、太古の人びとの暮らしの解明……夢やロマンをかきたてるようにいわれる考古学。だが、実際の研究はどうなのか? 泥臭く、地味な作業の連続だ。いったい考古学とはどのような学問で、何を明らかにしようとしているのか、ビジュアルに解説する。

目次

01 考古学・考古学者とは
02 なぜ発掘調査がおこなわれているのか
03 考古学は3Kな仕事?
04 発掘は最大の武器
05 土器の編年が考古学を鍛えてきた
06 さまざまな時間感覚
07 考古学の「時間」
08 「同時に存在した」ってどういうこと?
09 どうやって「時代」を区分しているのか
10 私たちの朝の食卓が後世に発掘されると
11 実測図に惑わされるな
12 分布論に冒険する
13 比較の大いなる可能性
14 復元とそれを確かめるには
15 文化財は残ったのではなく作られる?
16 太古の人骨のあつかいに制限はあるのか
17 分布の広がりと国家
18 多様化・国際化する考古学
19 私の歴史? 他者の歴史?
20 考古学者が書いた歴史は面白くない?
21 遺跡は誰のものか

出版社からのコメント

何か難しそうなタイトルですが、カラー写真をたくさん入れて、わかりやすく、面白く、それでいて核心に触れたガイドです。

著者紹介

小野 昭(オノ・アキラ)

1946年新潟県高田市(現・上越市)生まれ。
明治大学文学部卒業。岡山大学法文学専攻科修了。博士(文学)北海道大学。
奈良国立文化財研究所、岡山大学助手、新潟大学助教授を経て東京都立大教授を2009年定年退職。日本第四紀学会会長、日本旧石器学会会長、アジア旧石器協会(APA)会長、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)考古遺産管理国際学術委員会副会長、明治大学黒耀石研究センター長などを務める。現在、東京都立大学名誉教授、明治大学黒耀石研究センター客員研究員。
主な著書『打製骨器論─旧石器時代の探求─』東京大学出版会(2001)、『旧石器時代の日本列島と世界』同成社(2007)、『ネアンデルタール人奇跡の再発見』朝日選書(2012)など。訳書B.ボジンスキー『ゲナスドルフ─旧石器時代狩猟民の世界─』六興出版(1991)。

関連書籍

  • ビジュアル版 旧石器時代ガイドブックFTP
  • ビジュアル版 縄文時代ガイドブックFTP
  • ビジュアル版 古墳時代ガイドブックFTP