ブッダの〈気づき〉の瞑想

ブッダの〈気づき〉の瞑想

  • ティク・ナット・ハン(釈一行)/著
  • 山端 法玄/訳
  • 島田 啓介/訳
  • 四六判上製
  • 280頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1186-1
  • 2011発行
  • [ 在庫あり ]
  • 野草社/発行
  • 書店サイトへ

紹介文

瞑想の基本となる経典を全訳し、ブッダの瞑想の智慧が現代の私たちの生活にどう生かせるかをていねいに説く。
「瞑想を学びたいと思うなら、このサティパッターナ・スッタ(四念処経)を基本に据えてください。つねに座右の一冊として、本書をそばに置かれることをお勧めします。」――ティク・ナット・ハン

目次

1〈気づき〉とは

2 四種の〈気づき〉を確立する経典

3〈気づき〉のエクササイズ
身体を観察する/感覚を観察する/心を観察する/心の対象を観察する

4〈気づき〉の瞑想のポイント
心の対象(法)は心にほかならない/観察する対象とひとつになる/真実の心と迷いの心はひとつ/争いを超えた道/観察とは教義を植えつけることではない/結び

付録 三種の訳本について

著者紹介

ティク・ナット・ハン(釈一行)(Thich Nhat Hanh)

1926年、ヴェトナム中部生まれ。16歳で出家し禅僧になる。1960年代初めにサイゴンで、仏教の非暴力と慈愛にもとづく社会福祉青年学校、ヴァン・ハン仏教大学、ティエプ・ヒエン(相互存在)教団を創設。1966年、平和使節としてアメリカとヨーロッパを歴訪。アメリカ政府やペンタゴンに平和提案を行う。その中立的な立場からの平和と停戦の主張を理由に、政府から帰国を拒否され、以後フランスでの亡命生活に入る。フランスでは最初パリに在住、1982年に南部ボルドーに仏教の僧院・瞑想道場である「プラムヴィレッジ」を開き、難民を受け入れ、生活と一体になった瞑想を実践しつつ、世界中から多数の参加者を受け入れ、瞑想会(リトリート)や研修を行っている。また著作・講演活動を通じて仏教の教えと平和の実践を説く。欧米やアジアにも僧院をもち、毎年世界各地を訪れ、講演や瞑想指導を行っている。1995年には来日し、各地で講演やリトリートを行った。今世紀に入ってからも、ニューヨークでの非暴力と許しのスピーチ、米連邦議会議員を対象にした瞑想会、グーグル本社での講演と瞑想会、イスラエル人とパレスチナ人の和解のリトリートなど、社会的活動を精力的に行っている。 邦訳書 『ブッダの〈気づき〉の瞑想』(山端法玄・島田啓介訳、野草社)、『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』、『ブッダの〈今を生きる〉瞑想』、『リトリート ブッダの瞑想の実践』『大地に触れる瞑想』(島田啓介訳、野草社)ほか多数。

山端 法玄(ヤマハタ・ホウゲン)

1935年生まれ。禅僧。少年時代に第二次大戦から戦後にかけての飢餓混乱期を経験。高校2年生の時、人生の煩悶を抱えて坐禅を始める。静岡県田方郡函南町長源寺の住職を勤め、現在は隠退。1998年にオーストラリア・バイロン湾に道中庵を建てて住み、その地の道友たちと坐る。二十数年前にティク・ナット・ハン師の生き方と仏教書に啓発され、本書の翻訳を思い立つ。

島田 啓介(シマダ・ケイスケ)

1958年群馬県生まれ。精神科ソーシャルワーカー(PSW)・カウンセラー。ワークショップハウス「ゆとり家」主宰。農業をベースにした自給的生活と、からだとこころの癒しの提供に取り組む。 ティク・ナット・ハンのメソッドによる瞑想会「気づきの日」を主宰。その他にも、マインドフルネスをテーマに講演会、ワークショップ、研修を各地で開催。、『怖れ』(サンガ)1995年のティク・ナット・ハン来日時のオーガナイズに関わる。 翻訳書に『ブッダの〈気づき〉の瞑想』(共訳)『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』『ブッダの〈今を生きる〉瞑想』『リトリート ブッダの瞑想の実践』『大地に触れる瞑想』(以上、野草社)、『ブッダの幸せの瞑想』(共訳・サンガ)『怖れ』(サンガ)ほか。