超訳 易経 陰
近刊

中国古典「易経」の超入門書

超訳 易経 陰

坤為地ほか

  • 竹村 亞希子/著
  • 四六判
  • 348頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-2018-4
  • 2020.10.02発行
  • 書店サイトへ

紹介文

中国最古の思想哲学の書として、西洋哲学にも大きな影響を与えてきた「易経」。その中から陰の卦(か)の代表である「坤為地(こんいち)」を中心に17の卦(か)を取り上げて、やさしく解説した超入門書です。『超訳 易経 陽―乾為天(けんいてん)―』(新泉社)とセットで読むことで、易経の理解がより深まります。
先行きの見えない混沌とした世の中を生き抜くためには、どのように行動し対処すればいいか。易経には、その具体的な解決法、処世術が書かれています。
中国古典の四書五経のトップに挙げられる経書「易経」は、「自然の循環はもとより、人間社会も栄枯盛衰をくりかえし、久しく永続していく」と説く、まさにSDGsな考えにもとづく実践哲学の書なのです。
みんなの易経として多くの読者に愛されてきた『超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント』(角川SSC新書)の増補改訂版です。

目次

まえがき ――『新版超訳易経陽─坤為地ほか─』刊行にあたり

はじめに

第一章 易経とは人生の変化を教える書
第二章 易経とはなにか─易経の基礎知識─
第三章 易経から現代を読む─陰陽で現代の生き方を探る─
第四章 地に足をつけて生きる─陰の時代を生きるための坤為地の智慧─
第五章 自分らしく生きるためのヒント─日常に易経の教えを用いる─
天雷无妄/地天泰・天地否/天火同人/坎為水 習坎/火沢暌/水沢節/山天大畜
第六章 時中を知る─時・処・位を意識して実践する─
火天大有/風地観/沢火革/火風鼎/水風井/艮為山/火水未済・水火既済
第七章 易経の世界─その考え方―

あとがき
参考・引用文献

出版社からのコメント

“みんなの易経”として多くの読者に愛されながら、長らく絶版状態になっていた『超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント』(角川SSC新書)がよみがえりました。今回の増補改訂版では、さらに2章(第6章、第7章)分を加筆し、卦も8つ追加しました。
『超訳・易経』は、編集作業中に東日本大震災が起こりました。それからまもなく10年。今度はコロナ禍が世界中を襲っています。易経の陰の卦を深く解説した本書の刊行には、「よくよく「天雷无妄」に縁がある」と、著者の竹村亞希子さんも本書の「まえがき」で書かれています。けれども、「易は窮まれば変ず、変ずれば通ず、通ずれば久し」という通り、社会は必ず循環していくものです。いまこそ、SDGs(持続可能性)的な考えがたっぷり詰まった易経を学んでみませんか? つらい時代を生き抜くためのヒントが見つかるかもしれません。

著者紹介

竹村 亞希子(タケムラ・アキコ)

易経研究家。東洋文化振興会相談役。1949年名古屋生まれ。中国古典「易経」を、占いでなく古代の叡知の書としてわかりやすく紹介。全国の企業、官庁で講演やセミナーを開催している。易経全文を読むのに14~15年かけるNHK文化センター(名古屋)「現代に生きる『易経』入門」講座は、今年で24年目に入った。
主な著書に『超訳 易経 陽―乾為天―』『超訳 易経 陰―坤為地ほかー』(ともに新泉社)、『人生に生かす易経』『「易経」一日一言』、CDシリーズ『易経講座』1~5(致知出版社)、共著に、こどもと読む東洋哲学 易経シリーズ『陽の巻 夢をもつってどういうこと?』『陰の巻 結果が出ないときはどうしたらいい?』『青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと?』(新泉社)、『こどものための易経』(致知出版社)、ほかに日経eブック『江守徹の朗読で楽しむ易経入門』シリーズでは声の解説者としてもおなじみ。

関連書籍

  • 易経 陽の巻FTP
  • 易経 陰の巻FTP
  • 易経 青龍の巻
  • 超訳 易経 陽