開発と考古学
新刊

高度経済成長期の神奈川県横浜市。遺跡の保存と地域の歴史解明に尽力した研究者たちの戦後考古学奮闘記

開発と考古学

市ヶ尾横穴群・三殿台遺跡・稲荷前古墳群の時代

  • 田中 義昭/著
  • 四六判上製
  • 448頁
  • 3800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1909-6
  • 2019.07.15発行
  • [ 在庫あり ]

紹介文

高度経済成長期の神奈川県横浜市。景観が変貌するほどの開発が進むなか、和島誠一氏や岡本勇氏、甘粕健氏ら、遺跡を保護し地域の歴史を明らかにしようと奮闘した研究者たちがいた。そうした先生・先輩の導きで考古学の道を歩んだ著者が、みずからの試行錯誤の考古学行路をたどりながら、社会的責任を果たそうとする先駆者たちの姿を描く自分史。

目次

序  学びのサトを訪ねる
1 再見、市ヶ尾横穴群
2 稲荷前一六号墳の上に立つ
3 大塚遺跡と横浜歴史博物館

第1章 考古学への旅立ち
1 歴史学徒の一員に
2 大学の考古学研究室
3 和島誠一先生との出会い

第2章 本番の舞台に立つ
1 考古学への瀬踏み
2 試練の市ヶ尾遺跡群
3 探究、古代の東国農村
4 学窓考古学の日々

第3章 開発と考古学
1 考古学と教師の二刀流に
2 三殿台遺跡全掘
3 遺跡で、そして学校で
4 港北ニュータウン計画の登場

第4章 破壊される遺跡、変貌する地域
1 ブルドーザー横目の発掘
2 激闘、稲荷前の丘
3 波乱の一九七〇年前後
4 焦点は大塚・歳勝土遺跡
5 全開したニュータウン造成

跋 愛惜、消えゆくわが学びのサト
1 遺跡群研究へ希望を託して
2 「防人の村」は見えたのか
3 研究者、教師、家庭人の三つどもえ

著者紹介

田中 義昭(タナカ・ヨシアキ)

1935年、島根県益田市に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。続いて東京大学教養学部研究生となる。武蔵工業大学附属中学校・高等学校教諭、島根大学法文学部助教授を経て、1983年より島根大学法文学部教授。1999年、同定年退官。現在、島根県文化財保護審議会委員。
主な著作 シリーズ「遺跡を学ぶ」053『古代出雲の原像をさぐる・加茂岩倉遺跡』(新泉社)、『弥生時代集落址の研究』(新泉社)、『大地に埋もれた歴史─日本の原始・古代社会と民衆─』(共著、新日本出版社)、「弥生時代以降の食料生産」『岩波講座日本考古学3 生産と流通』(岩波書店)、『古代出雲文化の展開に関する総合的研究』(編著、島根大学)、『古代金属生産の地域的特性に関する研究』(編著、島根大学)、『山陰地方における弥生墳丘墓の研究』(編著、島根大学)、『日本の古代遺跡を掘る3 荒神谷遺跡』(共著、読売新聞社)

関連書籍

  • 古代出雲の原像をさぐる・加茂岩倉遺跡
  • 弥生時代集落址の研究FTP