環状列石ってなんだ
新刊

大湯環状列石、伊勢堂岱遺跡、小牧野遺跡、忍路環状列石…… 北の縄文人は、なぜ巨大なストーンサークルを生み出したのか。

環状列石ってなんだ

御所野遺跡と北海道・北東北の縄文遺跡群

  • 御所野縄文博物館/編
  • A5判変型
  • 172頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1819-8
  • 2019.03.30発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

書評・紹介

紹介文

世界遺産の推薦候補となった「北海道・北東北の縄文遺跡群」の特色のひとつが、大湯や忍路の巨大な環状列石。小杉康(北海道大学教授)、小林克(元秋田県埋蔵文化財センター所長)、大島直行(札幌医科大学客員教授)、八木光則(岩手大学平泉文化研究センター客員教授)、高田和徳(御所野博物館長)ら考古学者が、最新の研究成果を紹介する初の環状列石ガイドブック。

目次

御所野遺跡から環状列石を読み解く  (高田和徳)
北の環状列石
御所野遺跡と配石遺構群
配石遺構群周辺の調査
御所野遺跡の時期
大木式土器文化の北上
土地造成と環状集落の形成
御所野からの分散
配石遺構群の出現
配石遺構群から環状列石へ
大規模な環状列石の分布
環状列石と掘立柱建物跡

世界遺産としての縄文文化  (小杉 康)
北海道・北東北の縄文遺跡群と世界遺産暫定リスト
「縄文」イメージ
環状列石(ストーンサークル)と盛土遺構
周堤墓
大規模記念物
縄文文化の定義・再考
縄文のアポリア
環状列石を考える:墓地型と斎場型
環状列石の新しい分布論
周堤墓を考える:モアイと周堤墓
人類史と人類文化の多様性
世界遺産と縄文文化

埋めない墓:環状列石と墓  (小林 克)
環状列石への新たな接近
葬法を見直す
蔵骨器としての土器
縄文時代後期の東北北部、環状列石の構造
北方少数民族の葬制と「骨掛け」儀礼
「弔」と墓上の弓掛け儀礼
墓地としての環状列石の伝統性

縄文人と神話的世界観  (大島直行)
縄文人のものの考え方、現代人のものの考え方
考古学の形式論・編年論と縄文人
祖先崇拝や家族の再考
「心の理論」と「適応的錯覚」
神話的世界観
縄文人の神話的思考が見える事例
「再生」「誕生」のレトリック
人間に根源的な「神話的思考」

縄文時代にさかのぼるアイヌ語系地名  (八木光則)
アイヌ語系地名の研究方法
「ナィ」「ペッ」の広がりを調べる
地名と考古学の接点
北海道・北東北の環状列石とアイヌ語系地名

出版社からのコメント

カラー口絵でおもな環状列石を紹介しています

著者紹介

御所野縄文博物館(ゴショノジョウモンハクブツカン)

関連書籍

  • 世界から見た北の縄文FTP
  • 縄文のイエとムラの風景・御所野遺跡
  • 石にこめた縄文人の祈り・大湯環状列石
  • 北の縄文人の祭儀場・キウス周堤墓群FTP