Google
wwwを検索 新泉社サイト内を検索
政治・経済・教育
[政治・経済・社会運動-No.2]
図書目録
人文関連
哲学・思想宗教心理・精神医学人類学・民俗学言語
歴史関連
歴史・地誌・風俗考古学シリーズ遺跡を学ぶ・第1期−第2期第3期−第4期古代史探訪 −No.1 −No.2 −No.3
社会学
No.1
−No.2
政治・経済・福祉・教育
教育・福祉・ソーシャルワーク政治・経済・社会運動 −No.1 −No.2
海外事情
中東アジアオセアニア南北アメリカヨーロッパ
社会思潮
現代社会論差別・人権ジャーナリム記録・ノンフィクション女性史・セクシュアリティアイヌと沖縄平和・戦争責任・天皇制新左翼
生活環境・暮らし
まちづくり・社会史環境問題・暮らし・反核住民運動農を考える食・健康・生活気功・癒し
文学・エッセイ・芸術
文学・本の本評伝芸術
評論
評論
その他
かるた/梟社刊行物
野草社図書目録

−No.1 −No.2 −No.3−No.4
自然生活
80年代



新刊・近刊案内

表示価格は税別の定価です。
お求めの際は消費税を加算ください。
小社から直送する場合は、梱包送料として1回につき290円がかかります。
株式会社 新泉社
〒113-0033
東京都文京区本郷2-5-12
Tel 03-3815-1662
Fax 03-3815-1422
E-Mail  shinsensha@
     nifty.com

関連リンク
新泉社・野草社 編集室ブログ

NR出版会
出版協
平和の棚の会

Last updated 2017.5.31

既刊案内
A5判上製
304頁
7000円
ISBN4-7877-9607-0
家永豊吉と明治憲政史論
アメリカから見た帝国憲法制定への歩み

太田雅夫/編著・監訳
太田雅夫、梅森直文、中川志世美/訳


明治帝国憲法が発布されてすぐ、太平洋を越えたアメリカの大学で日本の憲法発布記念祝賀会が催された。その祝賀会で「大日本帝国憲法への道程」という講演を行ったのが家永豊吉である。彼の生涯を追いながら、アメリカから見た近代日本国家形成の過程を考察する。

 
四六判上製
184頁
1200円
ISBN4-7877-8413-7
社会運動一兵卒の記録

信濃太郎/著

大正12年、豊島合同労働組合の常任書記となってから60余年、一貫して社会運動に身を挺してきた老運動家の回想録。戦前は労働運動、農民運動にかかわり留置場の常連だったが、戦後は獄中者の救援運動を自己の天職とし土田・日石ピース缶事件や連合赤軍事件に関与した。

 
四六判上製
212頁
1700円
ISBN4-7877-9308-X
「進め社」の時代
大正デモクラシーの明暗

樋口喜徳/著

大正期の唯一最大のプロレタリア・ジャーナリズムであった「進め社」と雑誌「進め」は、主宰者・福田狂二が昭和になって国家社会主義・日本精神主義へと歩んだため、のちの現代史から抹殺されてしまった。日本社会主義搖籃期の空白を、元社員であった著者が明らかにする。

 
A5判函入
312頁
3200円
ISBN4-7877-7506-5
人民のなかへ
ロシア・ナロードニキ運動資料集1

田坂 昂/編・訳

スターリン時代に禁圧されていた、ナロードニキ運動の文献資料がようやく陽の目をみることになった。ツァー権力に対する激しい反逆精神の現われであった1870年代の重要な生の資料(綱領・運動状況・法廷記録文書)を厳選して読者に提供する基本文献資料集。

 
A5判函入
344頁
3500円
ISBN4-7877-7605-3

テロルと自由
ロシア・ナロードニキ運動資料集2

田坂 昂/編・訳

1870年代前半の「ヴ・ナロード」運動潰滅のあと、76年に「土地と自由」秘密結社が復活して全国的な統一組織を創ったが、テロル戦術をめぐってナロードニキ運動は再び分裂した。本書は「人民の意志」党によるアレクサンドル二世暗殺に至る資料を初めて明らかにする。

 
四六判上製
262頁
1800円
ISBN4-7877-7603-7 
ロシア社会民主党史

エリ・マールトフ/著
加藤一郎/訳


歴史的に断罪されたメニシェビキー派の領袖マールトフが、身をもって参加・指導した19世紀後半から20世紀初頭におけるロシア・マルクス主義運動を概述した本書は、スターリンの悪名高い『党史小教程』を頂点とする一連の「官許」製党史を撃つ貴重な文献である。

 

A5判函入
440頁
4000円
ISBN4-7877-7903-6

現代日本資本主義の危機
国家独占資本主義の展開

小野義彦/著

日本独占資本主義は、70年代には国際通貨危機・石油ショック等の波状攻撃に遭い、その脆弱さを露呈した。本書は独占資本主義の展開と、それがもたらす諸矛盾の発展を逆照射し、危機状況を必死で乗り切って延命をはかる独占支配経済構造を鋭く衝いた好論文集である。

 

A5判上製
232頁
3500円
ISBN978-4-7877-0702-4

産業経済論

安喜博彦/

歴史的パースペクティブを視野に入れながら、寡占市場における企業行動の分析手法を検討するとともに、それとの関連で産業体系の変化と産業発展のメカニズムを究明。また、日本産業の展開過程を豊富なデータで裏づける。産業組織論および産業構造論のテキストとして最適。

 
四六判上製
264頁
2800円
ISBN4-7877-9505-8

国際価値論と変動為替相場

松本久雄/

国際価値論の主要な論点を解明し、現行変動為替相場の性格を明らかにしようとする本書は、金平価自体が変動している今日の変動相場に、国際収支の不均衡を調整するという今日的課題が欠落しているとし、リカードウ、ブレイク、マルクスなどの理論を援用して解明する。

 

A5判上製
216頁
3400円
ISBN4-7877-9807-3

資本主義経済システムの光と影
システム論からヴェーバーを解く

川上周三/著

現代は、世界的規模に拡大した資本主義経済の時代である。それはどのようにして成立し、どのような問題を内包しているのか。主潮流のシステム論的思考とこれに対抗する状況主義理論の二つの側面から検討し、経済システムの明暗を、ヴェーバー的観点から総括する。

 
四六判
272頁
2800円
ISBN4-7877-9913-4
腐敗の構造
戦後政治の崩壊と再生

和久利康一/著

「保守本流」の形成と連続のなかで、非武装中立と高度経済成長をとげた日本は、経済至上主義による理念の喪失からすさまじい政・官・財の腐敗を招いた。21世紀の再生は民主主義の原点に立ちかえった主権在民と消費者主権の確立にあることを力説。

 

A5判
216頁
1800円
ISBN4-7877-9112-5

リクルート事件に「終結」はない

久慈 力/著

リクルート議員の跳梁を許している日本の政治風土は耐えがたい、うやむやにすれば懲りない面々がまた同じような犯罪を犯す――リクルート事件追及を終結させてはならないと主張する著者の警鐘の書。岩手リゾート乱開発の仕組みもくわしく解明。

 
四六判
216頁
1600円
ISBN4-7877-9715-8
盛岡大学疑惑を追及する
教育を食い物にする紳士たち

久慈 力/著

岩手県の学校法人・盛岡大学は、1989年に学校法人・沼津学園に乗っ取られた。両校の理事長を兼任していた人物は、業務上横領で沼津と盛岡で訴えられた。政界から文部官僚、体育協会、県庁幹部、建設業者、暴力団まで、多彩な登場人物が教育利権にむらがる顛末記。

 
Copyright (C) 2006 SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.