Google
wwwを検索 新泉社サイト内を検索
生活環境・暮らし[まちづくり]
図書目録
人文関連
哲学・思想宗教心理・精神医学人類学・民俗学言語
歴史関連
歴史・地誌・風俗考古学シリーズ遺跡を学ぶ・第1期−第2期第3期−第4期古代史探訪 −No.1 −No.2 −No.3
社会学
No.1
−No.2
政治・経済・福祉・教育
教育・福祉・ソーシャルワーク政治・経済・社会運動 −No.1 −No.2
海外事情
中東アジアオセアニア南北アメリカヨーロッパ
社会思潮
現代社会論差別・人権ジャーナリム記録・ノンフィクション女性史・セクシュアリティアイヌと沖縄平和・戦争責任・天皇制新左翼
生活環境・暮らし
まちづくり・社会史環境問題・暮らし・反核住民運動農を考える食・健康・生活気功・癒し
文学・エッセイ・芸術
文学・本の本評伝芸術
評論
評論
その他
かるた/梟社刊行物
野草社図書目録

−No.1 −No.2 −No.3−No.4
自然生活
80年代



新刊・近刊案内

表示価格は税別の定価です。
お求めの際は消費税を加算ください。
小社から直送する場合は、梱包送料として1回につき290円がかかります。
株式会社 新泉社
〒113-0033
東京都文京区本郷2-5-12
Tel 03-3815-1662
Fax 03-3815-1422
E-Mail  shinsensha@
     nifty.com

関連リンク
新泉社・野草社 編集室ブログ

NR出版会
出版協
平和の棚の会

Last updated 2017.5.31

既刊案内
 

改訂版 A5判
240頁
2000円
ISBN978-4-7877-1113-7

世界遺産と地域再生
問われるまちづくり

毛利和雄/著

『この知恵が明日への資源だ。』──大林宣彦氏推薦!
「古き文化を明日に伝える世界遺産をめざすまちづくりが人の心に与える豊かさは計り知れない。毛利さんの提言にぼくは深く共感する。」

ついに平泉が世界遺産に登録された。平泉や石見銀山の世界遺産としての価値はどこにあるのか。また、地元でどのような取り組みがなされているのか。平泉、石見銀山、尾道、鞆の浦など、各地の実情から世界遺産登録をめざすまちづくりと地域再生のあり方を提言する。

詳細
     
 

四六判上製
392頁
2500円
ISBN978-4-7877-0813-7

 

東北からの思考
地域の再生、日本の再生、そして新たなる協働へ

入澤美時・森繁哉/著 

中沢新一氏推薦!
「ぼくが地域の実力者なら、ぜったいこの二人に地域再生のための全権をゆだねるだろう。」

都市と地方の格差、農村の疲弊、郊外化、商店街の衰退、まちおこし……。
最上に生きる舞踊家・森と東京の編集者・入澤が、最上8市町村の隅々をめぐりながら、地域社会と日本社会が抱える問題を見つめ、その処方箋を考える。

詳細
     

四六判上製
296頁
2300円
ISBN978-4-7877-1107-6

温泉からの思考
温泉文化と地域の再生のために

合田純人、森繁哉/著

徹底対談「温泉からの復興」。
温泉地の現状、温泉をめぐる知の現在、温泉医療のあり方など、温泉と温泉地の実践的課題を、文化論や歴史を振り返りながら徹底的に論じ合い、未来にひらかれた温泉地づくりを構想する「温泉横断対談」。
「3.11」後を考えるロング対談「温泉からの復興:東日本大震災と東北の温泉地」を収録。

詳細
     

A5判
192頁
1000円
ISBN978-4-7877-1205-9

島に生きる
聞き書き 能登島大橋架橋のまえとあと
〔グローバル社会を歩く2

赤嶺 淳 、森山奈美/編
グローバル社会を歩く研究会/刊


能登半島の七尾湾に浮かぶ面積約47平方キロメートルの能登島(石川県七尾市、旧能登島町)。半農半漁の静かな島の暮らしは、対岸の和倉温泉地区へ結ぶ能登島大橋が1982年に開通したことで大きな変貌を遂げ、観光地化が進んだ。島の人々に架橋の前後における生活の変容を聞くとともに、島おこしの現状と課題をインタビューし、地域史研究から地方再生のありようを展望する。

詳細
     

A5判
164頁
1000円
ISBN978-4-7877-1304-9

 

海士伝 隠岐に生きる
聞き書き 島の宝は、ひと
〔グローバル社会を歩く5


赤嶺 淳/監修
阿部裕志、祖父江智壮/編
グローバル社会を歩く研究会/刊

島根県の隠岐諸島のひとつ、中ノ島に位置する海士町(あまちょう)。 多くの離島が過疎化・高齢化問題に直面するなか、人口2300人の小さな町は、地域活性化のモデルとなる「Iターンのまち」として注目を集めている。
Iターン(移住者)とUターン(帰郷者)が人口の20パーセントを占める海士町に生きる人々からの聞き書きをとおして、海士町の挑戦的なまちづくりの取り組みを見つめ、これからの日本社会と私たちの生き方の将来像を考える。

詳細
     

A5判
208頁
1000円
ISBN978-4-7877-1321-6

 

海士伝2 海士人を育てる
聞き書き 人がつながる島づくり
〔グローバル社会を歩く6


赤嶺 淳/監修
株式会社 巡の環/編
グローバル社会を歩く研究会/刊

島に魅力を感じた若者たちが移住してくる「Iターンのまち」海士町。多くの地域社会が過疎・高齢化問題に直面するなか、独特の輝きを放つ島づくりは全国的な注目を集めている。七名の海士人の個人史を聞き書きし、その人生を語ってもらうなかから、海士町の魅力を浮かびあがらせる。

詳細
     

A5判
208頁
1000円
ISBN978-4-7877-1417-6

 

海士伝3 海士に根ざす
聞き書き しごとでつながる島
〔グローバル社会を歩く9


株式会社 巡の環/監修
赤嶺淳・佐野直子/編
グローバル社会を歩く研究会/刊

地域を未来に繋ぐ「しごと」を生活の中に据え、必要な「かせぎ」を生むための仕事を回しながら、自分なりの「くらし」を確立する生き方と社会の未来像を求めて。
全国の若者たちを魅了する「Iターンのまち」海士町のくらしを支える7人の「島守」のライフヒストリーを聞き書きする。

詳細
     

A5判
216頁
1000円
ISBN978-4-7877-1115-1

クジラを食べていたころ
聞き書き 高度経済成長期の食とくらし
〔グローバル社会を歩く1

赤嶺 淳/編
グローバル社会を歩く研究会/刊


戦中戦後の食料難の時代における鯨肉消費から、高度経済成長期にいたる「食卓の変遷史」を、各地域の人々に聞き書きするなかで、食生活誌学から戦後日本社会史の一断面を浮かび上がらせる試み。

詳細
     

A5判
208頁
1000円
ISBN978-4-7877-1303-2

 

バナナが高かったころ
聞き書き 高度経済成長期の食とくらし2
〔グローバル社会を歩く4

赤嶺 淳/編
グローバル社会を歩く研究会/刊

鶴見良行氏の名著『バナナと日本人――フィリピン農園と食卓のあいだ』(岩波新書、1982年)から30年。
日本人をとりまく食文化も社会の環境もめまぐるしく変化を続けるなか、学生たちが祖父母世代に戦中から高度成長期に至る食生活誌を聞き書きし、食をとおして社会を見つめ直す。
シリーズ好評既刊『クジラを食べていたころ――聞き書き 高度経済成長期の食とくらし』の続編。

詳細
     

A5判
120頁
1000円
ISBN978-4-7877-1322-3

 

高級化するエビ・簡便化するエビ
グローバル化時代の冷凍食
〔グローバル社会を歩く7


祖父江智壮・赤嶺 淳/著
グローバル社会を歩く研究会/刊


東南アジアでつくられたエビは、どのような過程を経て冷凍食品として私たちの食卓に届いているのか。
食生活誌学の視点から、生産・流通・消費の現場を歩き、複雑な要因のからみあう現状を歴史的かつ多面的に考察する。

詳細
     

A5判
164頁
1500円
ISBN978-4-7877-1323-0

 

発電ダムが建設された時代
聞き書き 御母衣ダムの記憶
〔グローバル社会を歩く8


浜本篤史/編
グローバル社会を歩く研究会/刊

公共事業の問題を考えるうえで、半世紀以上前に建設されたダムがどのような時代背景のなかでいかなる問題を抱えていたのかを見つめることは、重要な示唆を我々に与えてくれる。岐阜県の御母衣(みぼろ)ダムを地域社会・住民の目線からふりかえり、公共事業の中長期的な影響を考察する。


詳細
     
 
 
Copyright (C) 2006 SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.