Google
wwwを検索 新泉社サイト内を検索
生活環境・暮らし[住民運動]
図書目録
人文関連
哲学・思想宗教心理・精神医学人類学・民俗学言語
歴史関連
歴史・地誌・風俗考古学シリーズ遺跡を学ぶ・第1期−第2期第3期−第4期古代史探訪 −No.1 −No.2 −No.3
社会学
No.1
−No.2
政治・経済・福祉・教育
教育・福祉・ソーシャルワーク政治・経済・社会運動 −No.1 −No.2
海外事情
中東アジアオセアニア南北アメリカヨーロッパ
社会思潮
現代社会論差別・人権ジャーナリム記録・ノンフィクション女性史・セクシュアリティアイヌと沖縄平和・戦争責任・天皇制新左翼
生活環境・暮らし
まちづくり・社会史環境問題・暮らし・反核住民運動農を考える食・健康・生活気功・癒し
文学・エッセイ・芸術
文学・本の本評伝芸術
評論
評論
その他
かるた/梟社刊行物
野草社図書目録

−No.1 −No.2 −No.3−No.4
自然生活
80年代



新刊・近刊案内

表示価格は税別の定価です。
お求めの際は消費税を加算ください。
小社から直送する場合は、梱包送料として1回につき290円がかかります。
株式会社 新泉社
〒113-0033
東京都文京区本郷2-5-12
Tel 03-3815-1662
Fax 03-3815-1422
E-Mail  shinsensha@
     nifty.com

関連リンク
新泉社・野草社 編集室ブログ

NR出版会
出版協
平和の棚の会

Last updated 2017.5.31

既刊案内

AB判
128頁
3500円
ISBN978-4-7877-0800-7

三里塚
成田闘争の記憶

三留理男写真集

地元農民の反対を押し切って成田空港を開港してから30年が経とうとしている。1968年から71年、現地に百数十日泊まり込んで闘う農民たちの姿と顔を撮影、71年夏に刊行した写真集を、オリジナルプリントから再構成。第1回土門拳賞を受賞した報道写真家・三留理男の原点、まぼろしの写真集がいまよみがえる!

 
     

新版 四六判上製
352頁
2500円
ISBN978-4-7877-1313-1

 

渡良瀬川
足尾鉱毒事件の記録・田中正造伝

大鹿 卓/著
宇井純/解題

金子光晴の実弟・大鹿卓が、田中正造の生涯をよみがえらせた不朽の名作、復刊。
日本の公害の原点である足尾銅山鉱毒事件の記録小説。続編の『谷中村事件』(解題:石牟礼道子氏)とともに、田中正造の書簡、日記などの原史料を渉猟し、その先駆的たたかいを再現する。

詳細
     

新版 四六判上製
400頁
2500円
ISBN978-4-7877-0914-1

 

谷中村事件
ある野人の記録・田中正造伝

大鹿 卓/著
石牟礼道子/解題 

明治時代、足尾銅山鉱毒対策という大義名分で遊水地として沈められようとしていた谷中村に移り住み、強制撤去後も現場で闘いつづけた田中正造。谷中村での活動を膨大な原資料をもとに克明に描いた名作を、新組で待望の復刻。

 

詳細
     
四六判
224頁
1200円
ISBN4-7877-8109-X
住金十年住民一念
鹿島からの報告・第2集

関沢 紀/著

多くの農民・漁民の生活を奪って建設された鹿島工業地帯が開発10年を迎えた時のルポ。公害の町と化した鹿島では、最終的な仕上げともいえる労使一体となった進出企業の地域支配が進んでいる。成功したといわれる鹿島開発の現状を下請労働者・住民の側から告発する。

 
四六判
232頁
1500円
ISBN4-7877-9105-2
わが鹿島
鹿島からの報告・第3集

関沢 紀/著

前作『住金十年住民一念』より10年。公害・人心荒廃・町政びらん・生活環境の悪化と、鹿島工業地帯の問題は尽きない。製鉄所の労働者として、地域住民として、労働と地域のこの10年を検証し、民話の掘り起しや子供との交流、自然環境を通して鹿島の明日を模索する。

 
四六判
264頁
1800円
ISBN4-7877-0410-9
なまず日和
鹿島からの報告・第4集

関沢 紀/著

連れ合いとともに創意工夫を重ねて運営する保育所の日々を通して、地域の問題と子どもたちに伝えていくべき鹿島の伝承文化や童話の掘り起こしを考える。子どもたちとの暮らしのなかで培われた記録と創作集。補欠選挙で当選した町議会議員時代の1年間の報告もあわせて収録。

 
四六判上製
264頁
1700円
ISBN4-7877-8804-3

鉄を喰う男たち

関沢 紀/著

真夏の製鉄所のある一日。過酷な労働に耐え、思考する男たち。開発で荒廃した地域に再生はあるのか? 有史以来連綿と守ってきたものがわずか20年で消えていく。戦争、原発、男女、夫婦、子どもたちの問題を見すえ、鹿島製鉄所内部も余すところなく描く書下ろし長編小説。

 
Copyright (C) 2006 SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.