Google
wwwを検索 新泉社サイト内を検索
新刊・近刊案内
図書目録
人文関連
哲学・思想宗教心理・精神医学人類学・民俗学言語
歴史関連
歴史・地誌・風俗考古学シリーズ遺跡を学ぶ・第1期−第2期第3期−第4期古代史探訪 −No.1 −No.2 −No.3
社会学
No.1
−No.2
政治・経済・福祉・教育
教育・福祉・ソーシャルワーク政治・経済・社会運動 −No.1 −No.2
海外事情
中東アジアオセアニア南北アメリカヨーロッパ
社会思潮
現代社会論差別・人権ジャーナリム記録・ノンフィクション女性史・セクシュアリティアイヌと沖縄平和・戦争責任・天皇制新左翼
生活環境・暮らし
まちづくり・社会史環境問題・暮らし・反核住民運動農を考える食・健康・生活気功・癒し
文学・エッセイ・芸術
文学・本の本評伝芸術
評論
評論
その他
かるた/梟社刊行物
野草社図書目録

−No.1 −No.2 −No.3−No.4
自然生活
80年代




シリーズ「遺跡を学ぶ」
第2ステージ刊行開始!


表示価格は税別の定価です。
お求めの際は消費税を加算ください。
小社から直送する場合は、梱包送料として1回につき290円がかかります。
株式会社 新泉社
〒113-0033
東京都文京区本郷2-5-12
Tel 03-3815-1662
Fax 03-3815-1422
E-Mail  shinsensha@
     nifty.com

関連リンク
新泉社・野草社 編集室ブログ

NR出版会
出版協
平和の棚の会

Last updated 2017.9.5

新刊・近刊案内
9月新刊!

四六判上製
276頁
1900円
ISBN978-4-7877-1709-2

 

父の逸脱
ピアノレッスンという拷問

セリーヌ・ラファエル/著
林 昌宏/訳
ダニエル・ルソー、村本邦子/解説


〈魂の殺人〉からの生還

わたしの物語に耳を傾けて――。
忘れてしまうべきか。赦せばよいのか。どのようにして人生をやり直せばよいのか。
音楽の才能があると言われ、わたしはピアノを弾く家畜になり、父はわたしを拷問し続けた。周りの人たちは目を背けた――。

お稽古地獄という虐待を生き延びた少女の告白。
フランスで大反響を巻き起こし、映画化も決定したベストセラー。

詳細
     
8月新刊!

A5判
288頁
2500円
ISBN978-4-7877-1708-5

 

倭人の祭祀考古学

小林青樹/著

列島と東アジアの考古学から倭人の心性世界にせまる。
縄文文化と大陸文化の融合によって生まれた日本人の信仰世界の基層である倭人の祭祀は、縄文系・中国中原(農耕民)系・北方遊牧民系の大きく三つの文化系統の祭祀が融合した独特な祭祀文化であることがわかってきた。稲作農耕を根本とした祭祀であるという従来の考え方を見直す。

詳細
     
8月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1640-8

 

国宝土偶「仮面の女神」の復元 中ッ原遺跡
遺跡を学ぶ120

守矢昌文/著

信州八ヶ岳西山麓の大規模集落から出土した大形の仮面土偶。「縄文王国」と冠されるほどに繁栄した山麓の集落群が急激に減少する縄文時代後期、縄文人は、死者にたむけたように埋置されたこの土偶にどんな願いを込めたのか。発掘を担当した著者がその謎を解き明かしてゆく。

詳細
     
7月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1639-2

 

東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳
遺跡を学ぶ119

大塚初重・梅澤重昭/著

東の古墳王国、群馬県。なかでも高崎市の綿貫観音山古墳から出土した華麗な副葬品は、韓国武寧王陵出土鏡と同形鏡や法隆寺献納宝物の水瓶に似る美しい水瓶など、東アジアとの活溌な交流を見せて群を抜いている。五〜六世紀に国際情勢に通じ、活躍したその被葬者の実像に迫る。

詳細
     
5月新刊!

A5判上製
392頁
3800円+税
ISBN978-4-7877-1707-8

 

文化財保存70年の歴史
明日への文化遺産

文化財保存全国協議会/編

戦後経済発展のもとで、破壊され消滅した遺跡、守り保存された遺跡の貴重な記録。
戦後70年、これまで遺跡がたどってきた歴史を検証し、文化遺産のこれからを考える。

詳細
     
4月新刊!

四六判上製
320頁
1900円
ISBN978-4-7877-1700-9

 

書店員の仕事

NR出版会/編
NR出版会/刊

書店とはどういう空間なのか。
書店員とはどういう仕事なのか――。

真摯に本に向き合い、読者に向き合い続ける59人の店頭からの声。

詳細
     
4月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1638-5

 

海に生きた弥生人 三浦半島の海蝕洞穴遺跡
遺跡を学ぶ118

中村勉/著

三浦半島の海岸には、弥生時代の漁撈具や貝殻・鹿角製の美しい装飾品、占いをした卜骨などの出土する洞穴が数多くある。なぜ、このような場所に人間の営みがあり、その営みが洞穴でなければならなかったのか。この素朴な疑問を解くためにこの地の洞穴遺跡を探訪していこう。

詳細
     
4月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1637-8

 

船形埴輪と古代の喪葬 宝塚1号墳
遺跡を学ぶ117

穂積裕昌/著

三重県松阪市の宝塚一号墳から全長一・四メートルもある巨大な船形埴輪が、当時のままに壮麗な姿をあらわした。大刀や蓋(きぬがさ)などで飾られた船、ともに出土した家形埴輪などは何を語っているのか。古代の人びとの死への怖れとその喪葬のあり方を埴輪群から解き明かす。

詳細
     
4月新刊!

B5判上製
432頁
10000円
ISBN978-4-7877-1703-0

 

弥生時代のモノとムラ

秋山浩三/著

弥生時代遺跡の発掘に長年携わってきた考古学者の集大成。列島に「クニ」が生まれる直前の農業生産のあり方、集落の姿とその連合、都市の成立、弥生実年代など、論争点を明解に論じる。

詳細
     
4月新刊!

A5判上製
320頁
3800円
ISBN978-4-7877-1705-4

 

理念の進化

ニクラス・ルーマン/著
土方透/監訳

《社会学的パースペクティヴにおける理念の歴史》
20世紀を代表する社会学者・ルーマンが「進化」「階級」「真理性」「合理性」等の社会学・社会科学において要石となる諸概念を扱い、近代社会の理念史を自己言及的に問い直す。

詳細
     
3月新刊!

A5判
240頁
2300円
ISBN978-4-7877-1704-7

 

入門 家族社会学

永田夏来・松木洋人/編

「家族社会学の基本をおさえる」「家族の今について理解を深める」「家族社会学の幅の広さに触れる」の3つのパートで学ぶ新しい家族社会学の入門書。

詳細
     
3月新刊!

四六判上製
336頁
2500円
ISBN978-4-7877-1611-8

 

〈戦後〉の誕生
戦後日本と「朝鮮」の境界

権赫泰・車承棋/編
中野宣子/訳 
中野敏男/解説

〈戦後〉とは何か――?
「平和と民主主義」という価値を内向的に共有し、閉じられた言語空間で自明的に語られるこの言葉は、何を忘却した自己意識の上に成立しているのか。
〈戦後〉的価値観の危機は、〈他者〉の消去の上にそれが形成された過程にこそ本質的な問題がある。
捨象の体系としての「戦後思想」そのものを鋭く問い直す。

詳細
     
3月新刊!

A5判
216頁
2500円
ISBN978-4-7877-1702-3

 

さらにわかった! 縄文人の植物利用
歴博フォーラム

工藤雄一郎・国立歴史民俗博物館/編

《高度な植物利用のはじまりと縄文編みかごの技と美》
縄文時代の3分の2、9000年近くを占める前半期(草創期・早期・前期)は謎に包まれている。
鳥浜貝塚・東名遺跡などの注目低湿地遺跡で見つかった植物質遺物、とくに多量に出土した編みかごの研究と最新の自然科学分析から、高度な植物利用の知識と技術の起源を解き明かす。

詳細
     
3月新刊!

四六判
280頁
1800円
ISBN978-4-7877-1706-1

 

易経 陽の巻
夢を持つってどういうこと?[こどもと読む東洋哲学]

竹村亞希子・都築佳つ良/著

小学5年生の乾太(けんた)は、夏休みの宿題の作文「将来の夢」が書けずに困っていた。そんなとき、おじいちゃんがくれた『易経(えききょう)』の本を開いてみたら……。 四書五経(ししょごきょう)の一つにあげられる「易経」は、中国最古の思想哲学の書として、帝王学(ていおうがく)の書として、世の中のリーダーたちに読み継がれてきました。 そんな易経の中から最強の成長論である「乾為天(けんいてん)」(龍の成長物語)を取り上げ、乾太の成長を通して、夢(志)を実現するためのいちばんの近道を見つける方法を解き明かした「易経入門書」です。

詳細
     
3月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1636-1

 

よみがえる金堂壁画 上淀廃寺
遺跡を学ぶ116

中原斉/著

法隆寺金堂壁画とならぶ古代の彩色仏教壁画がみつかったことで有名な鳥取県米子市の上淀廃寺。バラバラに出土した壁画片と塑像片の探究から、当時の金堂壁画と仏像群が復元された。千三百年の時の流れを飛び越えて、いまよみがえる白鳳寺院の華麗なる堂内荘厳。

詳細
     
3月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1635-4

 

邪馬台国時代のクニの都 吉野ヶ里遺跡
遺跡を学ぶ115

七田忠昭/著

大発見以来、卑弥呼の住んだ宮都かと話題になってきた吉野ヶ里遺跡。一時期の喧噪が終息したいま、あらためて集落の成立から拡大、終焉までの展開をくわしく追究し、「倭人伝」記事との対照、中国城郭の影響などの検討をとおして、邪馬台国時代のクニの都であると論じる。

詳細
     
2月新刊!

四六判上製
360頁
2400円
ISBN978-4-7877-1701-6

 

どうすれば環境保全はうまくいくのか
現場から考える「順応的ガバナンス」の進め方

宮内泰介/編

《「ずらし」と「順応」のプロセスデザイン》
環境保全の現場には、さまざまなズレが存在している。
科学と社会の不確実性のなかでは、人びとの順応性が効果的に発揮できる柔軟なプロセスづくりが求められる。
前作『なぜ環境保全はうまくいかないのか』に続き、順応的な環境ガバナンスの進め方を考える。

詳細
     
2月新刊!

四六判
240頁
2000円
ISBN978-4-7877-1612-5

 

大卒無業女性の憂鬱
彼女たちの働かない・働けない理由

前田正子/著

これまで見過ごされてきた大卒無業女性の問題は、貧困問題に直結し、抜き差しならない段階まで来ている。
女性を取り巻く労働環境の実態を明らかにし、大卒無業女性への支援やケアを提言する。

詳細
     
1月新刊!

A5判
352頁
1500円
ISBN978-4-7877-1609-5

 

日本の歴史
歴史の流れをつかむ

日本史教育研究会/編

《大人のための再読・日本史》
日本の歴史の流れをわかりやすく、多角的に提示した読む通史。

◎原始・古代から現代まで日本の通史をわかりやすく記述。
◎高校の授業1コマ分に相当する1テーマを見開き2ページに提示。
◎コラム「時代の風景」で歴史の背景がより理解できる。
◎大きな活字と豊富なルビで読みやすい。

詳細
     
12月新刊!

四六判上製
346頁
2800円
ISBN978-4-7877-1525-8

 

天皇陵への疑惑
森浩一著作集5

森浩一/著
森浩一著作集編集委員会/編

天皇陵となっている巨大古墳には、本当にその天皇が葬られているのか。陵墓を遺跡名でよぶことを提唱し、実践した森浩一の思索をたどる。 また戦後、古墳が次々と破壊されるのを目の当たりにし、開発と遺跡の保存の問題に向き合った論考を収める。森浩一著作集、全5巻完結。

詳細
     
12月新刊!

四六判上製
248頁
2000円
ISBN978-4-7877-1610-1

 

阿賀の記憶、阿賀からの語り
語り部たちの新潟水俣病

関礼子ゼミナール/編

新潟水俣病は終わっていない――。新潟水俣病の公式発表から50余年。 沈黙の時間を経て、新たに浮かび上がってくる被害の声がある。 黙して一生を終えた人もいる。 語られなかったことが語られるには、時が熟さねばならない。
次の世代に被害の相貌を伝える活動を続けている 8人の語り部さんの証言集。

詳細
     
12月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1634-7

 

九州の銅鐸工房 安永田遺跡
遺跡を学ぶ114

藤瀬禎博/著

北部九州の交通の要衝、佐賀県鳥栖市の安永田遺跡から銅鐸の鋳型が出土した。それは「近畿中心の銅鐸分布圏/北部九州中心の銅剣・銅矛分布圏」という従来の弥生時代文化圏に再検討をせまることになった。筑紫平野に花開いた弥生時代のテクノポリスを探訪する。

詳細
     
12月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1633-0

 

縄文のタイムカプセル 鳥浜貝塚
遺跡を学ぶ113

田中祐二/著

名勝三方五湖の最奥、三方湖近くの鳥浜貝塚から、縄文時代の丸木舟や赤漆を塗った櫛、多彩な縄と編物、骨や角でつくった精巧な装飾品など有機質の遺物が豊富に出土した。その洗練された技術と色彩感覚は、縄文時代のイメージを一変させるのに大きな役割をはたしたのである。

詳細
     
11月新刊!
A5判
288頁
1500円
ISBN978-4-7877-1683-5

 

 

宇宙(そら)の中にある 2

やまぐちさえこ
かみひと/原案
野草社/刊

交通事故がきっかけで異次元の扉が開き、精霊や宇宙人などの出現に驚きながら、その中で少しずつ成長してゆくみらいちゃん。 娘の変化にとまどいと不安を感じながら、深い愛情で見守る家族を描く、マンガ版スピリチュアル・メッセージ

詳細
     
10月新刊!

四六判上製
376頁
2500円
ISBN978-4-7877-1682-8

 

大日月地神示

神人/著
野草社/刊

「大日月地(おおひつく)神示」は、日本のシャーマンである神人を通じて、異次元世界より降ろされ続けている、地球人類に対しての神示である。この神示はかつて、艮金神が出口ナオを通して「大本」のお筆先として伝え、さらには岡本天明を遣って「日月神示」を表した霊団からの、現代の霊言である。

詳細
     
9月新刊!

四六判
256頁
1600円
ISBN978-4-7877-1608-8

 

森は怪しいワンダーランド

田中淳夫/著

精霊、怪獣、エセ科学……森には不思議な話がいっぱい!
森オタク・田中淳夫が森で遭遇した抱腹絶倒の仰天体験談。
読めば、森を見る目が一変する!?

詳細
     
9月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1632-3

 

平城京を飾った瓦 奈良山瓦窯群
遺跡を学ぶ112

石井清司/著

復元大極殿がそびえる特別史跡平城宮跡の北、奈良県と京都府の境を東西にのびる奈良山丘陵には、平城京遷都以降、多くの瓦窯(がよう)がつくられ、宮殿や貴族の邸宅、興福寺・東大寺などの寺院の瓦をさかんに生産した。各窯の発掘調査から、瓦工房の実態を明らかにする。

詳細
     
9月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1631-6

 

日本海を望む「倭の国邑」 妻木晩田遺跡
遺跡を学ぶ111

濱田竜彦/著

「魏志倭人伝」冒頭の一節「倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島によりて国邑(こくゆう=大きな村)をなす」を彷彿とさせる大集落が、鳥取県西部の霊峰・大山のふもとで発見された。弥生時代後期〜終末期に日本海を望む丘に繁栄した「妻木晩田(むきばんだ)村」にせまる。

詳細
     
9月新刊!

四六判
206頁
1800円
ISBN978-4-7877-1607-1

 

秘められた和食史


カタジーナ・チフィエルトカ+安原美帆/著

《知らなかった「和食」の真実》
2013年にユネスコの世界無形文化遺産に登録され、伝統的な食文化として注目を浴びる和食。
しかし、私たちは和食の由来と変遷を誤解してとらえてはいないだろうか。
「和食熱」のなかで見逃されてきた史実を、日欧の気鋭の食文化研究者がていねいに探り、和食の近代史を解き明かす。

詳細
     
9月新刊!

四六判上製
336頁
2800円
ISBN978-4-7877-1605-7

 

縄文時代史


勅使河原 彰/著

縄文時代とは、どんな時代だったのか?
激変する自然環境のなかで、縄文人はどのように自然と折り合いをつけて独自の縄文文化を築き上げたのか。最新の発掘と科学研究の成果をとりいれて、縄文時代のはじまりから終焉までを描く。図版・写真多数収録。

詳細
     
8月新刊!

四六判上製
344頁
2800円
ISBN978-4-7877-1524-1

 

倭人伝と考古学
森浩一著作集4

森浩一/著
森浩一著作集編集委員会/編

倭人伝を徹底的に読み直し、文字と考古学の両面から「倭の世界」を生き生きと描き出した考古学者・森浩一。
弥生時代から奈良時代にいたるまでの文化史的な論考をまとめ、倭人・倭の文化に対する「森古代学」の軌跡をたどる。

詳細
     
7月新刊!

A5判上製
304頁
3800円
ISBN978-4-7877-1604-0

 

トゥレーヌ社会学と新しい社会運動理論


濱西栄司/著

資源動員論と「新しい社会運動」論を超えて、トゥレーヌ社会学から現代のグローバル運動を読み解く。

詳細
     
6月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1540-1

 

諏訪湖底の狩人たち 曽根遺跡
遺跡を学ぶ110

三上徹也/著

日本列島中央に位置する山国信州のオアシス諏訪湖。その湖底に、精巧に作られた黒や赤の美しい石の矢尻が大量に埋もれていた。この「湖底の謎」に挑戦し、列島始原の人類を追い求めた坪井正五郎、鳥居龍蔵、藤森栄一らの軌跡をたどり、太古の狩人たちの開拓精神に迫る。

詳細
     
6月新刊!

A5判
96頁
1600円
ISBN978-4-7877-1539-5

 

最後の前方後円墳 龍角寺浅間山古墳
遺跡を学ぶ109

白井久美子/著

印旛沼を望む千葉県の下総台地にヤマト王権の中央で前方後円墳が姿を消したころにつくられた最後の前方後円墳がある。法隆寺の仏像宝冠を彷彿とさせる金・銀の冠飾りや金銅製馬具の副葬は何を意味するのか。古墳時代の終わりに頭角をあらわした地域勢力の姿を描きだす。

詳細
     
5月新刊!

A5判変型上製
192頁
2400円
ISBN978-4-7877-1603-3

 

燃える森に生きる
インドネシア・スマトラ島 紙と油に消える熱帯林

内田道雄/文・写真

世界で最も生物多様性の豊かな森林が広がるスマトラ島。ところが、製紙用植林地と油ヤシ農園の大規模開発が進み、同島リアウ州は森林消失が世界一激しい土地になっている。
植林地や農園の造成で失われた豊かな生態系と人びとの生命の糧は二度と元に戻ることはない。私たちの便利な生活の裏側で進行する現実を報告。

詳細
     
5月新刊!

A5判
160頁
2200円
ISBN978-4-7877-1602-6

 

柳田國男と考古学
なぜ柳田は考古資料を収集したのか

設楽博己・工藤雄一郎・松田睦彦/編著

「考古学嫌い」として知られていた柳田國男が、石器や土器を収集していた!
その学術的背景、日本人種論との関係をさぐることから、考古学と民俗学の特質が見えてくる。

詳細
     
4月新刊!

四六判上製
340頁
2800円
ISBN978-4-7877-1523-4

 

渡来文化と生産
森浩一著作集3

森浩一/著
森浩一著作集編集委員会/編

人間と社会をいきいきと描こうとした森浩一は、「古墳」そのものだけでなく「古墳時代」全体を明らかにしようと、早くからさまざまな生産活動を研究している。大陸との関係を視野に入れた鉄生産や窯業生産、漁労と海人、製塩などの貴重な論考を一冊にまとめる。

詳細
     
 
Copyright (C) 2006 SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.