四六判上製
432頁
2500円+税
ISBN978-4-7877-1481-7
リトリート ブッダの瞑想の実践


ティク・ナット・ハン/著
島田啓介/訳
野草社/刊


【目次】

1 今ここに生きる
2 呼吸を楽しむ
3 体を受け入れる
4 Q&A その1
5 体を経験する
6 感覚を受け止める
7 喜びを育てる
8 根本的な変容
9 Q&A その2
10 真実の愛を学ぶ
11 三法印を実践する
12 苦しみを変容させる
13 誤った見方を手放す
14 Q&A その3
15 幸福はあなた個人の問題ではない
16 六つの智慧を実践する
付録 呼吸による完全な気づきの経典
   大安般守意経
   五つのマインドフルネス・トレーニング


瞑想の基本教典「呼吸による完全な気づきの教え」をテーマに行った、21日間のリトリート(瞑想合宿)の記録。
ティク・ナット・ハンの法話の数々に深く耳を傾けながら、呼吸を味わい、本来の自分自身に立ち返るときをもっていただけたらと思う。

【著者紹介】

ティク・ナット・ハン ◎Thich Nhat Hanh
一九二六年、ベトナム・フエ生まれ。禅僧、平和・人権運動家、学者、詩人。
七〇〇名を超える僧・尼僧による国際的な仏教徒コミュニティ(プラムヴィレッジ)のリーダーとして、多数の在家の瞑想実践者も含めて、日々のマインドフルネス瞑想、平和の創造、共同体形成、社会奉仕活動を実践している。
一九六四年、サイゴンにヴァン・ハン(万行)仏教大学を設立。一九六五年、仏教の非暴力と慈悲の行動にもとづく社会福祉青年学校(SYSS)を立ちあげる。一九六六年、ティプ・ヒエン(相互存在)教団を設立、行動する仏教の名のもとにヴェトナム戦争の中で平和活動を行うが、そのために七〇年代初頭よりフランスでの亡命生活を余儀なくされる。一九六七年にはマーチン・ルーサー・キング牧師によって、ノーベル平和賞候補に推された。
一九八二年、南フランスのボルドーにプラムヴィレッジ僧院・瞑想センターを設立。現在二〇〇名を超える僧・尼僧が居住し、毎年世界各地から多数の訪問者を受け入れている。
八八歳になるティク・ナット・ハンは、現在も世界中で瞑想リトリートをリードしつづけている。その中には、教師、家族、ビジネスマン、政治家、科学者、心理療法家、警察官などに向けたリトリート、イスラエル人とパレスチナ人共同のリトリートまで含まれる。
また、若者による世界的なムーブメント「ウェイクアップ」、世界規模の「実践倫理(Applied Ethics)」プログラム、アメリカの連邦議会やグーグル本社でのリトリート、ユネスコ本部、インド国会、イギリス議会などでの講演も行っている。
これらの多くのリトリートおよび法話の実況が、CDやDVDなどの媒体をはじめ、インターネットで広く配信されている


訳者略歴
島田啓介◎しまだ・けいすけ
一九五八年生まれ。翻訳家。精神科ソーシャルワーカー(PSW)・カウンセラー。ワークショップハウス「ゆとり家」主宰。農業をベースにした自給的生活と、からだとこころの癒しの提供に取り組む。ティク・ナット・ハンのメソッドによる瞑想会も開催。一九九五年のティク・ナット・ハン来日時のオーガナイズに関わる。翻訳書に『男女のスピリチュアルな旅』『男女の魂の心理学』(日本教文社)、『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』(野草社)

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.