A5判
144頁
1500円+税
ISBN978-4-7877-6330-3
定年紳士たちの料理教室
それは地域の社会活動へとひろがった

江上和子と当仁公民館・男の料理教室/著
梟社/刊


【目次】

◎三角巾とエプロンをつけた定年紳士たちとともに
第二の人生は、男の料理教室から始まった/「そば打ち」の師匠を引き受けて 他

◎そば打ち
そば打ち同好会から始まった男の料理教室/肉そば/タイ風そばのサラダ/そばかっけ

◎魚と肉料理
ぶり大根/いわしのスパニシュオムレツ/いかのつけ焼き/さばのみそ煮/魚のエスカベーシュ ほか

◎野菜料理
ラタトゥイユ/きんぴらごぼう/ごぼうと豚肉の柳川風/大根のピーナッツ煮/大根餅 他

◎酒の肴
薄切りステーキ/ドライフルーツのベーコン巻き/鶏手羽の梅酒煮/焼きとり


◎男の料理教室が地域社会のリーダーを輩出した――「あとがき」にかえて

 


商店街と地域の有志が始めた定年紳士たちのそば打ち同好会は、やがて地区公民館の男の料理教室へと発展。
エプロンと三角巾をつけ、料理を作る喜び、作った料理を人と食する喜びに開眼した定年紳士たちは、さらに飛躍し、磨いた腕をいかして、地域社会活動に乗り出していきます。 地区公民館の文化祭バザー出店、そうめん流し、親子そば打ち会、小学校でのかまどとお釜のご飯炊きなどにはじまり、地区公園の清掃、ガーデニング、老人会の餅つき大会、町歩きガイド、町づくりコミュニティほか、さまざまな地域貢献活動にその範囲をひろげていく、定年紳士たちの第二の人生のいきいきとした姿が共感を呼ぶ本です。
おいしく、簡単な得意料理65点のレシピもついています。

【著者紹介】

江上和子(えがみ・かずこ)
野村料理学園(福岡)師範科卒業後、同学園および東京クッキングスクールに勤務。のち、主婦と生活社編集部にて、主に料理、実用書編集に31年間たずさわる。
著書に『賄い料理』『安くおいしくケッチング』(ともに毎日新聞社刊)ほか多数。

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.