200×220mm
84頁
2000円
ISBN978-4-7877-1114-4
東京の里山
狭山丘陵の四季

広瀬敦司/写真

【目次】

Spring

Summer

Autumn

Winter

狭山丘陵の魅力(文=蜂須賀公之)
撮影ノート
あとがき


『となりのトトロ』で一躍有名になった緑あふれる狭山丘陵は、3500haの広大なエリアに多様な生物が生息する、きわめて貴重な「東京の里山」である。
この狭山丘陵の魅力を地元在住の写真家・広瀬敦司が、数年にわたり四季を克明に追いかけた、最新の写真集。

【著者紹介】

広瀬敦司(ひろせ・あつし)
1972年東京都東村山市生まれ。小学生の頃より昆虫が好きで、よく狭山丘陵に遊びに出かけた。1993年日本写真芸術専門学校卒業後、写真家・樋口健二氏に師事。当初より高尾山をテーマにネイチャーフォトをめざし、後にブナ林を追いかけ伊豆の天城連峰に通いつめる。2008年より狭山丘陵に目を転じ、今に至る。日本写真協会会員