新装版 四六判上製
264頁
2000円
ISBN978-4-7877-0908-0
百姓入門
奪ワズ汚サズ争ワズ

筧 次郎・白土陽子/著

【目次】

はじめに

第一部 百姓暮らしの意味
 第一章 自給自足の暮らし
  1 農業近代化の意味
  2 昭和30年代の農協
  3 私たちの百姓暮らし
 第二章 他人を泣かせない暮らし
  1 進歩の思想について
  2 機械とは何か
 第三章 親から子へ伝えていく暮らし
  1 文化とは何か――工業社会の文化程度
  2 資源の枯渇について
  3 環境破壊について
 第四章 本当の豊かな暮らし
  1 自然のリズムに合った健康な暮らし
  2 本物でする暮らし
  3 労働が楽しい暮らし
  4 昔の百姓はなぜ惨めだったか

第二部 百姓暮らしの実際
 第五章 百姓暮らしを始める前に
  1 規模について
  2 最初は辛いけれど
  3 老農に学べ
 第六章 春の暮らし
 第七章 夏の暮らし
 第八章 秋の暮らし
 第九章 冬の暮らし

あとがきにかえて――スワラジ学園構想
復刊によせて――スワラジ学園の試みと挫折 
 


工業社会の豊かさに疑問を持ち、自給自足を求めて飛び込んだ百姓暮らし。筑波山麓で長年にわたって有機農業を実践してきた著者夫婦が、自然のリズムとともに生きる自立の暮らしを季節感豊かに語る。新聞などで幾度も紹介され話題を呼んだ書、待望の復刊!

【著者紹介】

筧 次郎(かけい・じろう)
1947年生まれ。
1983年より百姓暮らしを始める。
主な著書 『ことばの無明』『百姓の思想』『ことばのニルヴァーナ』(以上、邯鄲アートサービス)、『オーガニック自給菜園12ヵ月』(共著、山と溪谷社)、『反科学宣言』(私家版)

白土陽子(しらと・ようこ)
1947年生まれ。
1986年より百姓暮らしを始める。