A5判
128頁
1500円+税
ISBN978-4-7877-1220-2
チェルノブイリの長い影
現場のデータが語るチェルノブイリ原発事故の健康影響

オリハ・V・ホリッシナ/著
西谷内博美、吉川成美/訳


【目次】

日本語版によせて
はしがき
序文

1 チェルノブイリ原発事故の概要
2 放射線被ばくの病理学的な影響
3 チェルノブイリの健康被害
4 健康被害の実態解明
5 国際機関の政策の危うさ

検証結果
証言

解説 放射能汚染被害の科学的解明のために、どういう取り組み体勢が必要か
チェルノブイリ事故被害略年表
訳者あとがき
参考文献


ウクライナとベラルーシの医師たちが、1986年の事故当時から2006年まで、継続して住民の健康調査、診療を行ってきた結果の報告書。
子どもの甲状腺がん、内分泌系疾病、胎児への影響などの増加を客観的データを挙げて示し、低線量の継続的な被曝への対策と治療体制の確立を提言する。

【著者紹介】

【著者】 
オリハ・ワシリヴナ・ホリッシナ(Olha Vasilivna Horishna)
1955年、ウクライナ生まれ。1981年、ロシアのサラトフ州立大学卒業。1981年から1988年までウクライナ公衆衛生局で勤務。1988年から2004年までウクライナ国立医学アカデミー小児科学部の講師を務め、2004年からはウクライナ国立軍事医学研究所に勤務。現在、研究次長。
2002年、論文「Clinical Pathogenic Mechanisms of Children Health Infringements Formation in Environmental Contamination Conditions:Preventive Maintenance and Rehabilitation Ways」で医学博士学位を取得

【訳者】 
西谷内博美
2001年、シカゴ大学人文学研究科修士課程修了。2005年、法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了。2012年、法政大学大学院政策科学研究科博士後期課程修了。博士(政策科学)。現在、法政大学サステイナビリティ研究教育機構リサーチアシスタント

吉川成美
2002年、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修士課程修了。2006年、東京農業大学大学院博士後期課程修了。博士(農業経済学)。中国西安交通大学公共政策・管理学院研究員・講師を経て、現在、早稲田大学早稲田環境学研究所講師

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.