A5判
192頁
1000円
ISBN978-4-7877-1205-9
島に生きる
聞き書き 能登島大橋架橋のまえとあと
〔グローバル社会を歩く2


赤嶺 淳、森山奈美/編
グローバル社会を歩く研究会/刊


【目次】

第1部 反転の思想

第2部 能登島流儀

第3部 回想・能登島体験

第4部 実習教育の可能性


能登半島の七尾湾に浮かぶ面積約47平方キロメートルの能登島(石川県七尾市、旧能登島町)。半農半漁の静かな島の暮らしは、対岸の和倉温泉地区へ結ぶ能登島大橋が1982年に開通したことで大きな変貌を遂げ、観光地化が進んだ。島の人々に架橋の前後における生活の変容を聞くとともに、島おこしの現状と課題をインタビューし、地域史研究から地方再生のありようを展望する。

【著者紹介】

赤嶺淳(あかみね・じゅん)
1967年、大分県生まれ。1996年、Ph.D.(フィリピン学、フィリピン大学)
日本学術振興会特別研究員(PD)、国立民族学博物館COE研究員を経て、名古屋市立大学・大学院人間文化研究科・准教授。
東南アジア地域研究、食生活誌学、フィールドワーク技術論。
著書:『ナマコを歩く――現場から考える生物多様性と文化多様性』(新泉社、2010年)、『クジラを食べていたころー聞き書き 高度経済成長期の食とくらし』(編著、グローバル社会を歩く研究会、2011年)ほか

森山奈美(もりやま・なみ)
株式会社御祓川代表取締役社長。大学で「都市計画」を学び、まちづくりコンサルタント会社を経て、現在にいたる。まちづくり計画を実現するため活動中。