A5判
216頁
1000円
ISBN978-4-7877-1115-1
クジラを食べていたころ
聞き書き 高度経済成長期の食とくらし
〔グローバル社会を歩く1


赤嶺 淳/編
グローバル社会を歩く研究会/刊


【目次】

第一部 はたらきづめの人生
 仕事ほど楽なことはない
 大変なのはあたりまえ
 いまみたいじゃないもんで
 ほんと、はたらきっぱなし
 いまでも食べていける/ご飯とお魚があったら一番

第二部 カレーライスとカップ麺
 米の一粒も無駄にしない
 クジラよりウサギ
 理想的なのは、一日、一日、買うことったい
 みんなもないから、みんな、おなじ
 ほんとうに食べ物がないときだったからね

第三部 なつかしい味
 楽になったよ
 だんだんと
 最高の生活と、どん底の生活
 みんな洋食をつくりたがってた
 いまはそんな風景、ありませんよね

「食生活誌」学の確立をめざして……………赤嶺  淳


戦中戦後の食料難の時代における鯨肉消費から、高度経済成長期にいたる「食卓の変遷史」を、各地域の人々に聞き書きするなかで、食生活誌学から戦後日本社会史の一断面を浮かび上がらせる試み。

【著者紹介】

赤嶺淳(あかみね・じゅん)
1967年、大分県生まれ。1996年、Ph.D.(フィリピン学、フィリピン大学)
日本学術振興会特別研究員(PD)、国立民族学博物館COE研究員を経て、現在、名古屋市立大学人文社会学部准教授。
東南アジア地域研究、海域世界論、フィールドワーク技術論。
著書:『ナマコを歩く――現場から考える生物多様性と文化多様性』(新泉社、2010年)