A5判
304頁
2800円
ISBN978-4-7877-1010-9
経験の社会学


フランソワ・デュベ/著
山下雅之/監訳 濱西栄司・森田次朗/訳


【目次】

序論

第1章 行為者はシステムである
古典的社会学/社会的行為者は個人である/社会の概念

第2章 古典的モデルの変容
社会という観念の危機/個人の批判/行為のいくつかのパラダイム

第3章 社会的経験と行為
社会的経験/行為の諸論理

第4章 社会的経験からシステムへ
行為からシステムへ/炸裂した階級の行為/学校とは制度か?

第5章 行為者のワーク
分割された行為者/経験と排除/学校的経験/高校生たちと大学生たち/炸裂した社会運動

第6章 社会学者と行為者の間
不可能な切断と本当らしさ/組織立った討論/行為者たちと社会学者たち

結論
行為から経験へ/経験の社会学とは社会学の実践である/社会的経験と民主主義


フランスの代表的社会学者アラン・トゥレーヌの後継者、フランソワ・デュベの理論的主著。都市・若者暴動などの調査に基づいて、従来の社会理論を総合的に捉え直し、それを乗り越えるために提起された問題作。
〈社会的排除〉 と〈社会の解体〉を生きる、われわれの経験と主体性をリアルに描き出す。

【著者紹介】

フランソワ・デュベ(Francois Dubet)
1946年生まれ
現在、ボルドー第2大学教授、社会科学高等研究院の研究主任、「社会学的介入・分析センター」(CADIS)副代表、国際社会学会RC47「社会階級・社会運動」副会長などを務める。
山下雅之(やました・まさゆき)
京都大学大学院文学研究科博士課程修了 パリ第4大学社会学博士
現在、近畿大学文芸学部教授
専門領域は社会学理論
濱西栄司 (はまにし・えいじ)
京都大学非常勤講師、国際社会学会RC47理事(secretary)
森田次朗(もりた・じろう)
京都大学大学院文学研究科社会学専修博士後期課程在籍