A5判上製
424頁
4200円
ISBN978-4-7877-0900-4
社会理論入門
ニクラス・ルーマン講義録[2]

ニクラス・ルーマン/著 ディルク・ベッカー/編
土方透/監訳


【目次】

1 社会システムとしての社会
2 コミュニケーション・メディア
3 進化
4 分化
5 自己記述

 


好評『ルーマン講義録』の第2弾・完結編。ビーレフェルト大学において1992/93年冬学期に開講された講義(全13回)を、話し口調そのままに全訳。入門的性格を重視して、「ルーマン・社会システム理論」の内容と意義を、ルーマン本人がわかりやすく解説。ルーマンの問題意識、それへの取り組み、さらにその取り組みを積み重ねていく過程が、つぎからつぎへと語られていく。

【著者紹介】
ニクラス・ルーマン(Niklas Luhmann, 1927-98年)
20世紀を代表する社会学者の一人。もっとも重要な功績は、新たなシステム理論を社会学理論に結びつけ、ひとつの社会理論を発展させたことにある。フライブルク大学で法律を学んだ後、ニーダーザクセン州の行政官として勤務。タルコット・パーソンズの社会学に徹底的に取り組むためハーバード大学へ留学。その後、ミュンスター大学で博士号、教授資格を1年で取得。1969年、新設されたビーレフェルト大学に教授として就任。1993年に定年退官。

編者 ディルク・ベッカー(Dirk Baecker)
ツェッペリン大学教授
編「アルキメデスと私たち」(『ルーマン、学問と自身を語る』土方透/松戸行雄共編訳、新泉社)、編『システム理論入門──ルーマン講義録[1]』(土方透監訳、新泉社)

監訳者 土方 透(ひじかた・とおる)
聖学院大学政治経済学部教授
共編著『リスク──制御のパラドクス』『宗教システム/政治システム』、共編訳『ルーマン、学問と自身を語る』(新泉社)ほか多数。