A5判
160頁
2200円+税
ISBN978-4-7877-1602-6
柳田國男と考古学
なぜ柳田は考古資料を収集したのか

設楽博己・工藤雄一郎・松田睦彦/編著

【目次】

1 柳田國男の生い立ちと学問的背景
 柳田國男の生い立ちと間引き絵馬の衝撃
 文学への傾倒から農政官僚へ
 経世済民の学としての民俗学へ

2 柳田國男が集めた考古資料
 柳田國男旧蔵考古資料とは?――収集の経緯
 柳田國男はどんな考古資料を収集したのか
 柳田考古遺物の採集地はどこか? ほか

3 なぜ柳田國男は考古資料を収集したのか
 お雇い外国人の活躍と一八八〇年代の「日本人種論」
 日本人研究者による人種論の始まり――アイヌ・コロボックル論争
 柳田國男の考古遺物収集と山人論の形成
 古代史学者喜田貞吉の日本民族論と柳田國男との関係
 鳥居龍蔵の固有日本人論――日本民族の起源と弥生土器の系譜
 形質人類学者による日本人種論 ほか

4 柳田民俗学の形成と考古学批判
 柳田國男はなぜ考古学を批判し、考古学と決別したのか
 自然科学と文学──松本彦七郎・山内清男と柳田國男
 柳田國男と南方熊楠との交流──民俗学の自覚
 山人論から稲作民俗論へ
 文学との決別が柳田民俗学を生んだのか──柳田の思想の文学性
 民俗学の誕生と考古学への意識  ほか


「考古学嫌い」として知られていた柳田國男が、石器や土器を収集していた!
その学術的背景、日本人種論との関係をさぐることから、考古学と民俗学の特質が見えてくる。

「民俗事象の把握から総合的な人類学、歴史学を構築することを目指した柳田は、同じ新興の学である考古学を絶えず意識し、また個別化の道を突き進む考古学を危惧した。その後、学問分野の個別化は柳田が確立した民俗学も例外でない。明治の終わりに柳田が集めた考古遺物は、今日の民俗学や考古学、ひいては人文科学全体のあり方を問う、重要な資料なのである。」

【著者紹介】

編著者紹介
設楽博己(したら・ひろみ)
一九五六年群馬県生まれ。静岡大学人文学部卒業後、筑波大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。国立歴史民俗博物館考古研究部助教授、駒澤大学文学部助教授、同教授を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は日本考古学。
主な著書・編著に、『十二支になった 動物たちの考古学』(編著、新泉社、二〇一五年)、『縄文社会と弥生社会』(敬文舎、二〇一四年)などがある。

工藤雄一郎(くどう・ゆういちろう)
一九七六年千葉県生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業後、東京都立大学大学院博士課程修了。博士(史学)。名古屋大学年代測定総合研究センター研究機関研究員、国立歴史民俗博物館研究部考古研究系助教を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部考古研究系准教授。専門は先史考古学、第四紀学。
主な著書・編著に『旧石器・縄文時代の環境文化史─高精度放射性炭素年代測定と考古学─』(単著、新泉社、二〇一二年)、『ここまでわかった!縄文人の植物利用』(編著、新泉社、二〇一四年)などがある。

松田睦彦(まつだ・むつひこ)
一九七七年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、成城大学大学院博士課程後期修了。博士(文学)。成城大学民俗学研究所研究員、国立歴史民俗博物館研究部助教を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部民俗研究系准教授。専門は民俗学。
主な著書・論文に『人の移動の民俗学―タビ〈旅〉から見る生業と故郷―』(慶友社、二〇一〇年)、「柳田国男の「生業」研究をめぐる一考察」(『国立歴史民俗博物館研究報告』二〇一〇年)などがある。

執筆者一覧(執筆順)
高瀬克範(たかせ・かつのり) 北海道大学大学院文学研究科 准教授
和田 健(わだ・けん) 千葉大学国際教養学部 准教授
佐藤健二(さとう・けんじ) 東京大学大学院人文社会系研究科 教授
福田正宏(ふくだ・まさひろ) 九州大学埋蔵文化財調査室 助教
熊木俊朗(くまき・としあき) 東京大学大学院人文社会系研究科 准教授
林 正之(はやし・まさゆき) 東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程
山田康弘(やまだ・やすひろ) 国立歴史民俗博物館研究部考古研究系 教授
黒田篤史(くろだ・あつし) 遠野市遠野文化研究センター 文化課 主任兼学芸員
小池淳一(こいけ・じゅんいち) 国立歴史民俗博物館研究部民俗研究系 教授

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.