A5判
96頁
1600円+税
ISBN978-4-7877-1540-1
諏訪湖底の狩人たち 曽根遺跡
遺跡を学ぶ110

三上徹也/著

【目次】

第1章 諏訪湖の輝く宝
   1 日本列島一美しい石鏃
   2 諏訪湖底の謎

第2章 湖底の謎を追った狩人たち
   1 橋本福松の発見
   2 坪井正五郎と曽根論争
   3 考古学に目覚める地域住民
   4 科学の眼で曽根に迫る
   5 高校生戸沢充則の成果
   6 藤森栄一の徹底研究

第3章 曽根遺跡を探究する
   1 ふたたび曽根へ
   2 みえぬ湖底の生活の跡
   3 曽根の暮らしは旧石器時代から
   4 縄文時代草創期の単純な土器
   5 美しく、大量の石鏃
   6 掻器という石器の背景
   7 曽根を語る貴重な石器

第4章 曽根に生きた太古の狩人
   1 狩人の暮らした諏訪湖畔の謎
   2 縄文時代草創期の暮らしぶり
   3 日本列島一美しい石鏃の意味

第5章 曽根遺跡の保存と未来
   1 諏訪湖の開発と保存運動
   2 曽根遺跡発見一〇〇年、そして未来へ

 


日本列島中央に位置する山国信州のオアシス諏訪湖。その湖底に、精巧に作られた黒や赤の美しい石の矢尻が大量に埋もれていた。この「湖底の謎」に挑戦し、列島始原の人類を追い求めた坪井正五郎、鳥居龍蔵、藤森栄一らの軌跡をたどり、太古の狩人たちの開拓精神に迫る。

【著者紹介】

三上徹也(みかみ・てつや)
1956年、長野県岡谷市生まれ。
明治大学大学院博士前期課程修了。
現在、長野県富士見高等学校教員。
第10回尖石縄文文化賞受賞。
主な著作 『縄文土偶ガイドブック』新泉社、『諏訪湖底曽根遺跡研究100年の記録』(編著)長野日報社、『人猿同祖ナリ・坪井正五郎の真実』六一書房ほか。

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.