A5判
96頁
1500円+税
ISBN978-4-7877-1332-2
奈良大和高原の縄文文化・大川遺跡
遺跡を学ぶ092

松田真一/著

【目次】

第1章 縄文人の足跡をたどって
 1 大和高原の縄文遺跡
 2 大川遺跡の発見
 3 注目される西の縄文文化

第2章 草創期にさかのぼる遺跡の発見
 1 水没する遺跡をさぐる
 2 草創期の遺構のようす
 3 草創期の土器・隆起線文土器
 4 環境変化と狩猟技術の改革

第3章 大川遺跡にみる縄文人の暮らし
 1 河畔の住まい
 2 石蒸し調理の跡
 3 住居の普及と道具の発達

第4章 定住社会への胎動
 1 定住生活の実態
 2 土器文化の形成
 3 弓矢の威力と森の狩人
 4 定住狩猟民文化の確立へ

第5章 遺跡の顕彰と保存整備

 


古代の都が栄えた奈良盆地の東に広がる大和高原は、縄文時代草創期・早期にさかのぼる遺跡が分布する、縄文時代の黎明期に縄文人が活躍した舞台だ。そこに残された住居跡や土器、石器などから、定住狩猟民としての道を歩みはじめた縄文人の姿を明らかにする。

【著者紹介】

松田真一(まつだ・しんいち)
1950年奈良県生まれ。明治大学文学部卒業
ならシルクロード学研究センター研究員、奈良県立橿原考古学研究所調査研究部長、同副所長、同附属博物館館長などを経て、現在、天理大学附属天理参考館特別顧問、香芝市二上山博物館館長
主要著作 『大川遺跡』山添村教育委員会(編著)、『奈良県の縄文時代遺跡研究』由良大和古代文化研究協会、『一万年前を掘る』吉川弘文館(編著)、『桐山和田遺跡』奈良県立橿原考古学研究所(編著)、『吉野 仙境の歴史』文英堂(編共著)、『重要文化財橿原遺跡出土品の研究』奈良県立橿原考古学研究所(編共著)など

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.