A5判
320頁
2800円+税
ISBN978-4-7877-1209-7
「陵墓」を考える
陵墓公開運動の30年

「陵墓限定公開」30周年記念シンポジウム実行委員会/編

【目次】

1 佐紀陵山古墳・伏見城の立入り報告
 陵墓公開を求めて三〇年  宮川すすむ
 佐紀陵山古墳の立入り報告  岸本直文
  伏見城跡(桃山陵墓地)の立入り調査  山田邦和
  陵墓公開運動のこれから  後藤真
  討論1

2「陵墓」を考える
  陵墓公開運動三〇年の歩みと展望  茂木雅博
  陵墓の近代と「国史」像  高木博志
  教科書のなかの陵墓  谷口榮
  埋蔵文化財行政と宮内庁陵墓  今尾文昭
  記念物指定制度と陵墓制度  大久保徹也
  討論2


巨大古墳の真実とは何か。
百舌鳥古墳群・古市古墳群の世界文化遺産登録への課題とは。陵墓公開を求める研究者たちが実態追究の成果を報告する。

【著者紹介】

【編者紹介】
「陵墓限定公開」30周年記念シンポジウム実行委員会/編

宮川すすむ(みやかわ・すすむ)  奈良県立橿原考古学研究所共同研究員、文化財保存全国協議会
岸本直文(きしもと・なおふみ) 大阪市立大学大学院文学研究科准教授、大阪歴史学会
山田邦和(やまだ・くにかず)  同志社女子大学現代社会学部社会システム学科教授、古代学協会
後藤 真(ごとう・まこと)   花園大学文学部文化遺産学科専任講師、日本史研究会
茂木雅博(もぎ・まさひろ)   土浦市立博物館館長、日本考古学協会
高木博志(たかぎ・ひろし)   京都大学人文科学研究所教授、日本史研究会
谷口 榮(たにぐち・さかえ)  葛飾区郷土と天文の博物館学芸員、地方史研究協議会
今尾文昭(いまお・ふみあき)  奈良県立橿原考古学研究所附属博物館学芸課長、古代学研究会
大久保徹也(おおくぼ・てつや)  徳島文理大学文学部文化財学科教授、考古学研究会
森岡秀人(もりおか・ひでと)  兵庫県芦屋市教育委員会 学芸員、歴史科学協議会
福島幸宏(ふくしま・ゆきひろ) 京都府立総合資料館、日本歴史学協会
坂  靖(ばん・やすし)    奈良県立橿原考古学研究所附属博物館総括学芸員、古代学研究会
松尾信裕(まつお・のぶひろ)  大阪城天守閣館長、日本歴史学協会
仁木 宏(にき・ひろし)    大阪市立大学大学院文学研究科教授、大阪歴史学会
丸山 理(まるやま・おさむ)  神奈川県立湘南高等学校 総括教諭、歴史学研究会
瀬畑 源(せばた・はじめ)   一橋大学大学院社会学研究科特任講師、歴史学研究会
宮瀧交二(みやたき・こうじ)  大東文化大学文学部准教授、歴史科学協議会

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.