A5判
96頁
1500円
ISBN978-4-7877-1046-8
遠の朝廷・大宰府
遺跡を学ぶ076

杉原敏之/著

【目次】

第1章 古都・大宰府
1 古都大宰府の風景
2 風景の源

第2章 大宰府の発掘
1 大宰府政庁の発掘
2 甦る大宰府政庁
3 大宰府の成立はいつか

第3章 軍都・大宰府
1 国防の最前線・筑紫
2 平野を遮断する水城
3 巨大な朝鮮式山城・大野城

第4章 政都・大宰府
1 大宰府の官衙・大宰府庁域
2 大宰府条坊の復元
3 古代都市・大宰府

第5章 大宰府の栄華
1 府の大寺・観世音寺
2 大陸と西海の文化
3 古代大宰府の終焉

第6章 大宰府史跡
1 先学者たち
2 大宰府史跡の歩み


激動する古代東アジア情勢の中で、国防と対外交渉の拠点となった筑紫の地に、律令国家の巨大な官衙、大宰府が成立する。大陸を望む西の要衝で外交や軍事を担い、西海道諸国島を統治した、政庁を中枢とする遠の朝廷(とおのみかど)大宰府の実像を明らかにする。

【著者紹介】

杉原敏之(すぎはら・としゆき)
1968年、山口県生まれ。明治大学文学部史学地理科考古学専攻卒業
九州歴史資料館学芸調査室調査研究班長
主要著作 「大宰府政庁の・期について」『九州歴史資料館研究論集』32、「大宰府政庁の終焉」『九州歴史資料館研究論集』33、「列島西端における縄文文化成立期の様相」『縄文文化の構造変動』六一書房、「西海の官衙 大宰府」『古代の都2 平城京の時代』吉川弘文館ほか