A5判
96頁
1500円
ISBN978-4-7877-1041-3
国宝土偶「縄文ビーナス」の誕生・棚畑遺跡
シリーズ「遺跡を学ぶ」071

鵜飼幸雄 /著

【目次】

第1章 縄文ビーナスの発見
 1 夕日に照らされた土偶
 2 豊饒の女性像
 3 いつ、何のために作られたのか?

第2章 縄文文化繁栄の大地
 1 八ヶ岳山麓「縄文王国」
 2 棚畑遺跡の発掘
 3 二つの環状集落
 4 最盛期の集落の姿

第3章 黒曜石を求めて
 1 黒曜石の道を探ろう
 2 黒曜石原産地と麓の集落
 3 黒曜石の採取・搬出と石器の製作
 4 黒曜石流通拠点としての繁栄

第4章 縄文ビーナスのまつり
 1 縄文人の願い
 2 集いのシンボル

第5章 縄文人のこころを伝える
 1 国宝選定と世界への発信
 2 縄文プロジェクト構想


信州は霧ヶ峰の南麓、正面に八ヶ岳連峰を見渡す棚畑遺跡で、素晴らしい造形美の大型土偶がみつかった。縄文時代の遺物で初めて国宝となったこの「縄文ビーナス」は、何のために作られたのか。
縄文王国と称されるほど繁栄した縄文中期集落の探究からその謎に迫る。

【著者紹介】

鵜飼幸雄(うかい ゆきお)
1954年、長野県茅野市生まれ。立正大学文学部史学科考古学専攻卒業。
現在、茅野市尖石縄文考古館館長。
主な著作 「八ヶ岳西山麓における縄文時代中期の領域について」(『信濃』33-4)、「尖石の発掘と宮坂英弌の考古学」(『尖石』学生社)、「宮坂集落論の始まりと本質」(『尖石発掘記』尖石縄文考古館)、「八ヶ岳山麓の弥生人」(『新尖石縄文考古館開館5周年記念考古論文集』尖石縄文考古館)ほか