A5判
96頁
1500円
ISBN978-4-7877-0934-9
縄文人を描いた土器・和台遺跡
シリーズ「遺跡を学ぶ」054

新井達哉/著

【目次】

第1章 縄文人あらわれる
 1 人体文土器の発見
 2 狩猟文土器の発見
 3 住居群の発見

第2章「複式炉」の究明
 1 白山遺跡と後藤守一
 2 複式炉の命名
 3 複式炉は何に使われたか

第3章 和台縄文人の大集落
 1 和台縄文人ムラの構成
 2 ムラのいろいろな施設
 3 生活の遺物
 4 祭祀の遺物・遺構

第4章 川と山のネットワーク
 1 遺跡を育んだ阿武隈川
 2 拠点的集落とそのネットワーク
 3 遠方との交易と搬入ルート

第5章 火の縄文文化の終焉
 1 複式炉文化
 2 和台縄文ムラの終焉


福島市の南東、阿武隈川に沿った丘陵の先端に、縄文時代の大集落・和台(わだい)遺跡がある。ここからは全国的にもめずらしい、真正面を向いた縄文人と、狩りをする縄文人の姿が描かれた土器がみつかった。これらの土器は何を意味するのか。東北の山野に活躍した縄文人を追究する。

【著者紹介】
新井達哉(あらい・たつや)
1974年東京生まれ。2000年明治大学大学院博士前期課程修了。飯野町教育委員会で和台遺跡や白山遺跡の発掘に従事。2008年、合併により福島市教育委員会に所属。
主な著作 『和台遺跡』、『和台遺跡2』、「和台遺跡」『飯野町史第1巻(通史編)』飯野町、「福島県における複式炉と集落の様相―中通り地方の集落の動態について―」「和台遺跡」『日本考古学協会2005年度福島大会シンポジウム資料集』