A5判上製
224頁
2800円
ISBN978-4-7877-0911-0
天皇陵の解明
閉ざされた「陵墓」古墳

今井 堯/著

【目次】

第1章 天皇陵と古墳
1 「陵墓」古墳
2 陵墓古墳の名称
3 陵墓古墳の考古学的検討
4 天皇陵などの管理の実態

第2章 天皇陵はどのように決められたのか
1 神武天皇陵の修築とねつ造
2 神代三代の陵の決定
3 欽定憲法と全天皇陵の決定
4 近・現代の天皇陵は、なぜ上円下方墳か

第3章 陵墓参考地の検討
1 陵墓参考地とは何か
2 陵墓参考地の考古学的検討
 (1)陵墓参考地の分類
 (2)男狭穂塚・女狭穂塚の調査
 (3)雲部車塚古墳
 (4)見瀬丸山古墳

第4章 陪塚の検討
1 陪塚とは何か
2 指定陪塚の考古学的検討
 (1)陪塚にされた大王墳級の古墳
 (2)主墳と年代の異なる陪塚
 (3)除外されている真の陪塚

第5章 考古学の社会的役割と陵墓古墳の公開
1「陵墓」古墳の基本問題
2 宮内庁との交渉・話し合い
3 宮内庁所蔵品の公開展示
4 陵墓古墳の限定公開
5 シンポジウム・見学会・学習会
6 今後に向けて
7 元号法制化と教科書問題

附 『帝陵発掘一件』の考古学的検討
陵・墓一覧


日本の古代国家形成解明の鍵をにぎる巨大古墳。その多くは天皇陵に指定され、研究者といえども立ち入ることはできない。この「陵墓」古墳をさまざまな角度から追究、天皇陵や陵墓参考地の実像を明らかにする。

【著者紹介】

今井 堯(いまい・たかし)
岡山県生まれ。文化財保全全国協議会常任委員、同「陵墓」問題特別委員会委員長、東山道を保存する会代表、国分寺・名水と歴史的景観を守る会代表などを歴任、文化財保護などの住民運動に先頭になってとり組む。2009年「陵墓」古墳の本質の検証、他の業績で第10回和島誠一賞受賞。
主な著作 『遺跡が語る東京の三万年』2巻(編著、柏書房)、『巨大古墳と倭の五王』(共著、青木書店)、『古代東国と大和政権』(共著、新人物往来社)、『日本のあけぼの』絵で読む日本の歴史1(共著、大月書店)ほか