A5判
256頁
2300円
ISBN978-4-7877-0907-3
蘇我三代と二つの飛鳥
近つ飛鳥と遠つ飛鳥

西川寿勝・相原嘉之・西光慎治/著

【目次】

第1章 近つ飛鳥の古墳と寺院……………………………………西川寿勝 
 1 二つの飛鳥 
 2 近つ飛鳥の遺跡群 
 3 蘇我氏と藤原氏 
 4 平石古墳群の調査 
 5 平石古墳群と蘇我三代墓 
 6 新堂廃寺と蘇我氏滅亡の後 
 7 蘇我と藤原の結合 

コラム1 飛鳥時代の寺院の諸問題(鹿野 塁) 

第2章 蘇我三代の遺跡を掘る──邸宅・古墳・寺院──………相原嘉之 
 1 遠つ飛鳥 
 2 蘇我氏の系譜と盛衰 
 3 蘇我氏にかかわる邸宅の調査 
 4 欽明皇統の奥津城と蘇我氏の奥津城 
 5 蘇我氏の氏寺とその実像 

コラム2 世界遺産暫定登録資産と飛鳥文化(相原嘉之) 

第3章 飛鳥、四つの皇統譜 ………………………………………西光慎治 
  ──梅山古墳、カナヅカ古墳、鬼ノ俎・雪隠古墳、野口王墓古墳── 
 1 飛鳥時代の王陵 
 2 今城谷の合葬墓 
 3 飛鳥のなぞの石造物 
 4 今城谷王陵群の造営計画 
 5 飛鳥、四つの皇統譜 

コラム3 飛鳥時代の史学と考古学(山中鹿次) 

対 談 蘇我氏の邸宅・墳墓について(追検証)……西川寿勝・相原嘉之 
 1 欽明天皇の陵墓について 
 2 蘇我の邸宅が語るもの 
 3 遠つ飛鳥の庭園遺構と渡来人 
 4 高松塚古墳・キトラ古墳について 
 5 会場から 

コラム4 高松塚古墳の解体修理(西川寿勝) 235


蘇我系天皇の陵墓がつくられた河内の「近つ飛鳥」、宮殿がつぎつぎと建てられた大和の「遠つ飛鳥」。近つ飛鳥の古墳や遠つ飛鳥の蝦夷の邸宅跡など、最新の考古学調査の成果を踏まえて、ふたつの飛鳥とかかわりが深い蘇我三代(馬子・蝦夷・入鹿)の興隆と滅亡を語る。

【著者紹介】

西川寿勝(にしかわ・としかつ)
1965年大阪府出身。大阪府教育委員会文化財保護課副主査。
主な著作 『飛鳥池遺跡と亀形石』KIメディア出版(共著)、『平城宮跡を考える』KIメディア出版(共著)、『考古学と暦年代』ミネルヴァ書房(編著)など。

相原嘉之(あいはら・よしゆき)
1967年大阪府出身。明日香村教育委員会文化財課調整員。
主な著作 『古代庭園の思想』角川書店(共著)、『続明日香村史』明日香村(共著)、『飛鳥の奥津城』飛鳥資料館(共著)、『高松塚古墳壁画』高松塚壁画館(編著)など。

西光慎治(さいこう・しんじ)
1970年大阪府出身。明日香村教育委員会文化財課技師。
主な著作『飛鳥の古墳』明日香村、『飛鳥の神社』明日香村、『亀の古代学』東方出版(共著)、 『続明日香村史』明日香村(共著)、『日本古代史大辞典』大和書房(共著)、『歴史考古学大辞典』吉川弘文館(共著)など。