B5判上製
224頁
5000円
ISBN978-4-7877-0904-2
月見野の発掘
先土器時代研究の転換点

戸沢充則/編

【目次】

1 月見野遺跡群発掘の記録
   1 概報・月見野遺跡群(明治大学考古学研究室月見野遺跡群調査団)
   2 写真構成ー月見野の発掘(島田和高)
  
2 先土器時代の文化と社会を追う
   1 月見野・野川以前と以後(戸沢充則)
   2 先土器時代の石器群とその編年(鈴木次郎・矢島國雄)
   3 先土器時代の遺跡群と集団(小野正敏)
   4 先土器時代論(戸沢充則)
   5 神奈川県・月見野遺跡群 (安蒜政雄・戸沢充則)
   6 先土器時代における遺跡の群集的な成り立ちと遺跡群の構造(安蒜政雄)
   7 先土器時代の地域史を復元する(矢島國雄)
   8 先土器時代文化2003 相模野平成篇(織笠昭)

3 月見野発掘後の40年
   1 日本先土器時代研究の視点(戸沢充則)
   2 先土器時代研究の到達点と保存の意義(戸沢充則)
   3 石槍文化研究の定点(戸沢充則)
   4 岩宿時代とその研究(戸沢充則)
   5 インダストリー論とは何だったのか(戸沢充則)

   


旧石器時代研究で「月見野・以前/以後」とよく言われるように、神奈川県・月見野遺跡の発掘は研究の大きな画期となったが、まだ報告書は公刊されておらず、多くの研究者が待ち望んでいる。今年発掘から40周年を機に、今までの概報と、月見野遺跡を対象とした研究論文十数編を一冊に収録する。

【著者紹介】
戸沢充則(とざわ・みつのり)
1932年、長野県生まれ。考古学者。
明治大学文学部考古学専攻科卒業。明治大学考古学博物館長、文学部長、学長を歴任後、2003年退職。明治大学名誉教授。
編著書:『考古学のこころ』『考古地域史論』『歴史遺産を未来へ残す』『増補 縄文人の時代』『語りかける縄文人』(以上、新泉社)、『縄文人は生きている』(有斐閣)、『岩波講座 日本考古学』(共編著、岩波書店)、『縄文人との対話』『縄文時代研究史研究序説』(以上、名著出版)、『先土器時代研究の構造』(同朋舎出版)、『縄文時代研究辞典』(編、東京堂出版)ほか多数。