A5判
96頁
1500円
ISBN4-7877-0638-1
泉北丘陵に広がる須恵器窯・陶邑遺跡群
シリーズ「遺跡を学ぶ」028

中村 浩/著

【目次】

第1章 古墳研究の現場にて
   1 年代を計るものさし
   2 さまざまな須恵器
   3 重要文化財に指定された陶邑出土品
 
第2章 陶邑遺跡群の発掘
   1 泉北ニュータウンの造成
   2 生産遺跡への着目
   3 広大な遺跡の分布
 
第3章 陶邑遺跡群の構成
   1 窯跡の分布
   2 窯の構造と変遷
   3 工房・集落・流通の遺跡
   4 古墳と墳墓
 
第4章 文献史料にみる陶邑
   1 記紀にみる地名伝承
   2 郷名と氏族の分布
 
第5章 型式編年の方法と陶邑編年
   1 編年の条件
   2 絶対年代との対応
   3 陶邑編年の各型式・段階の特徴
   4 自然科学との協調


古墳時代から平安時代にかけて、大阪南部の泉北丘陵では、わが国最大最古の須恵器窯群が連綿と営まれた。その窯の構造や流通、集落をふくめた生産の全貌を明らかにするとともに、古墳の年代比定に多大な貢献をする須恵器の型式編年の実際をわかりやすく解説。

【著者紹介】

中村 浩(なかむら・ひろし)
1947年、大阪府生まれ。立命館大学文学部卒業。大阪府教育委員会文化財保護課をへて、1975年より大谷女子大学、現在、大阪大谷大学(旧大谷女子大学)文化財学科教授。博士(文学)
主な著作 『陶邑』1〜3(編著、大阪府教育委員会)、『和泉陶邑窯の研究』(柏書房)、『古墳文化の風景』(雄山閣出版)ほか多数。