四六判上製
352頁
2500円+税
ISBN978-4-7877-6331-0
宮本常一と土佐源氏の真実


井出幸男/著
梟社/刊


【目次】

まえがき――本書の淵源
第一章『土佐源氏』の成立
  はじめに
  一『土佐源氏』の位置
  二『土佐源氏』成立の経緯
  三『土佐乞食のいろざんげ』の出所と本文の比較
  四 原作『土佐源氏』(『土佐乞食のいろざんげ』)の意味

第二章『土佐源氏』の欠落
  はじめに
  一 山人の血
  二 野性と異常
  三「悪等(悪党)ノ道」
  おわりに

第三章 『土佐源氏』の実像
  はじめに
  一 再考『土佐源氏』は「文学」であること
  二『土佐源氏』における体験と研究の反映、重なり
  三「文学」(『土佐源氏』)へと向かう素地の形成
  四 原作『土佐源氏』の執筆 
  おわりに

 資料編1 『土佐乞食のいろざんげ』
 資料編2 下元サカエ媼 聞書


民俗学者宮本常一の、土佐に生きた博労の男の生と性の遍歴を描いた名品『土佐源氏』には、隠された原作が存在していた。秘密の地下出版物として、著者不詳のまま世に出た『土佐乞食のいろざんげ』である。
土俗の性文学の傑作ともいうべきこの原作と、学的な装いをととのえて我々の前にある民俗誌の名作『土佐源氏』の間には、宮本の“文学への夢≠ニ民俗にかかわる、どのような心の真実と闇が秘められていたのであろうか。『土佐乞食のいろざんげ』原作も完全復元、収録する。

【著者紹介】

井出 幸男(いで ゆきお)
1945年8 月、長野県生まれ。博士(文学)、日本歌謡史、民俗歌謡研究。現在、高知大学名誉教授。高知県文化財保護審議会委員。高知県文化財専門委員。高知県立歴史民俗資料館資料調査員。
主要著書
『中世歌謡の史的研究―室町小歌の時代』(三弥井書店)〈本書により、第12 回志田延義賞を受賞。〉
『新 日本古典文学大系62 巻 巷謡編』(岩波書店)
『土佐日記を歩く―土佐日記地理辨全訳註』(高知新聞社)〈本書により、第48 回高知県出版文化賞を受賞〉
『土佐の盆踊りと盆踊り歌』(高知新聞社)〈本書により、第20 回高知出版学術賞および平成22 年度本田安次賞を受賞。〉

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.