四六判
316頁
1800円+税
ISBN978-4-7877-1713-9
発行: 2017/12/13
易経 陰の巻
結果が出ないときはどうしたらいい?[こどもと読む東洋哲学]

竹村亞希子・都築佳つ良/著

【目次】

第一部  地に足をつけて歩いて行こう
ほめられつづけているとどうなる?
雲の上にのぼった龍のきもち

第ニ部  道に迷うこともある
龍のつぎはなんになる?
ひそかな楽しみ
これくらい大丈夫、がこわいんだ
ぼくたちは、お先真っ暗!
龍の国の王様、ふたたび

第三部  大地を歩くよろこび
徹底的に従うことの宿題
まっすぐに向きあって従う
もう道をまちがえない
長い道のりはこれから?
いい脇役になれる?
仲間と支えあっていこう
スターより縁の下の力持ち?
大地の果てまでも歩いていく

エピローグ  それぞれの新しい春

おわりに
お父さん、お母さん、そして易経をはじめて読む方へ


中学生になった乾太(けんた)。剛やミヤと一緒に野球部に入ったが、まわりは経験者ばかり。どんなに練習をしても結果が出ない乾太に、「易経」の先生・ゴロさんは「牝馬(ひんば)になれ!」と言う。龍じゃなくて、今度は馬?それも牝馬!いったいどうなっているの?
教育関係者をはじめ、易経を学ぶ人たちからも大好評の「こどもと読む東洋哲学シリーズ」、第2弾「陰の巻」では、帝王学の書としてリーダーたちに読み継がれてきた「易経」から、「坤為地(こんいち)」(牝馬の物語)を取り上げました。努力しても結果が出ない、なにをやってもうまくいかない。そんなつらいときを乗り切る方法を「易経」は教えてくれます。
思春期のこどもとの関係に悩んだとき、解決のヒントが見つかる一冊です。

【著者紹介】

竹村亞希子(たけむら・あきこ)
易経研究家。東洋文化振興会相談役。1949年名古屋生まれ。
中国古典「易経」を、占いでなく古代の叡知の書としてわかりやすく紹介。全国の企業、官庁で講演やセミナーを開催している。易経全文を読むのに14〜15年かけるNHK文化センター(名古屋)「現代に生きる『易経』入門」講座は、今年で21年目に入った。
主な著書に『超訳・易経――自分らしく生きるためのヒント』(角川SSC新書)、『人生に生かす易経』『「易経」一日一言』易経CDシリーズ『易経講座 竹村亞希子講演録(全5巻)』『易経講座2「逆境をいかに生きるか」(全5巻)』(全て致知出版社)、共著に『こどもと読む東洋哲学 易経 陽の巻 夢をもつってどういうこと?』(新泉社)、ほかに日経eブック『江守徹の朗読で楽しむ易経入門』シリーズでは声の解説者としてもおなじみ。

都築佳つ良(つづき・かつら)
フリーライター。1962年東京生まれ。
編集プロダクションにて広告、出版に携わり、のちにフリーに。宗教、思想哲学の分野に興味を持ち、1999年より易経研究家・竹村亞希子氏に師事。易経の奥深い教えに魅了され現在に至る。竹村亞希子氏の著書『リーダーの易経――時の変化の道理を学ぶ』(PHPエディターズ)、『リーダーの易経――「兆し」を察知する力をきたえる』『超訳・易経――自分らしく生きるためのヒント』(共に角川SSC新書)にて、編集協力、ライティングを担当。共著に『こどものための東洋哲学 易経 陽の巻 夢をもつってどういうこと?』(新泉社)がある。

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.