四六判上製
224頁
2000円
ISBN978-4-7877-1110-6
フーコーをどう読むか


ヨハンナ・オクサラ/著
関 修/訳


【目次】

第1章 哲学の自由
第2章 理性と狂気
第3章 人間の死
第4章 文学の匿名性
第5章 考古学から系譜学へ
第6章 監獄
第7章 抑圧されたセクシュアリティ
第8章 真なる性
第9章 政治権力,合理性,批判
第10章 自己の実践

註/年譜/訳者あとがき/さらに読み進めたい人のための手引き/索引


主要著作のエッセンスをほぼ年代順に読み、フーコーの思想の全体像を理解する、フーコー入門書の決定版。

「フーコーにとって、哲学とは蓄積していく知識体ではない。現代社会における独断的信念や耐えがたい行いを、容赦なく問題化する批判的実践にほかならないのである。そして、私たちが彼を読まなければならないのは、世界を変えること以外の何のためでもないのである。」(諸論より)

【著者紹介】

Johanna Oksala(ヨハンナ・オクサラ)
ダンジー大学(スコットランド)上級講師(哲学),ユヴァスキュラ大学(フィンランド)高度学術センター研究員(政治思想および概念変遷史)を経て,現在,ヘルシンキ大学人文学部「フェミニズム理論における哲学と政治」プロジェクト上級研究員。
著書 『フーコー,自由について』(ケンブリッジ大学出版局,2005年)

訳者 関 修(せき・おさむ)
1961年,東京生まれ。千葉大学教育学部卒業。東洋大学大学院文学研究科博士後期過程(哲学専攻)単位修得修了。現在,明治大学法学部非常勤講師。専門は,フランス現代思想・文化論。
著書 『美男論序説』(夏目書房,1996年),『挑発するセクシュアリティ』(編著,新泉社,2009年)ほか。
翻訳 G・オッカンガム『ホモセクシュアルな欲望』(学陽書房,1993年),R・サミュエルズ『哲学による精神分析入門』(夏目書房,2005年),M・フェルステル『欲望の思考』(富士書店,2009年)ほか。