〈社会福祉〉実践と研究への新たな挑戦

〈社会福祉〉実践と研究への新たな挑戦

  • 石川 到覚/監修
  • 岩崎 香/編著
  • 北本 佳子/編著
  • A5判
  • 196頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1503-6
  • 2015発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

これからの〈ソーシャルワーク〉とは

当事者性を発揮するセルフヘルプグループ,素人性を活かすボランティア,専門性を有するソーシャルワーカー,この3者が協働して実践を循環させることなくして,これからの社会福祉は成立しない! 現役のソーシャルワーカー・地域実践家・研究者からのメッセージ!

目次

序 社会福祉の実践と研究の循環(石川到覚)

I 実践から問う
 医療現場からの問いかけ(岩本操)
 地域生活支援からの問いかけ(岩上洋一)
 施設経営からの問いかけ(廣江仁)
 グループホーム支援からの問いかけ(淺沼太郎)
 別れ・喪失体験を問うこと(吉野比呂子)
 地域福祉活動の歩み─浅草寺福祉会館の取組み─(金田寿世)
 民間相談機関の記録から見えてくるもの(渡邊智明)
 医療社会事業の史的検証─浅草寺病院の取組み─(鈴木裕介)

II 実践を研究する
 ソーシャルワークのコミュニケーション研究(北本佳子)
 ピアサポート支援の研究(坂本智代枝)
 プロシューマーのポジション研究(相川章子)
 地域生活支援の量的な調査研究(石田賢哉)
 暗黙知から形式知を紡ぐ研究(鈴木孝典)
 「Y問題」から汲む研究(伊東秀幸)
 ソーシャルワーカーの権利擁護研究(岩崎香)

結び(岩崎香)

■監修
石川到覚(いしかわ・とうがく) 大正大学大学院人間学研究科特任教授

■編著者
岩崎 香(いわさき・かおり) 早稲田大学人間科学学術院准教授
北本佳子(きたもと・けいこ) 昭和女子大学人間社会学部教授

■執筆者(掲載順)
岩本 操(いわもと・みさお) 武蔵野大学人間科学部教授
岩上洋一(いわがみ・よういち) 特定非営利活動法人じりつ代表理事
廣江 仁(ひろえ・じん) 社会福祉法人養和会障害福祉サービス事業所F&Y境港施設長
浅沼太郎(あさぬま・たろう) 大正大学人間学部非常勤講師
吉野比呂子(よしの・ひろこ) 大正大学人間学部非常勤講師
金田寿世(かねだ・ひさよ) 浅草寺福祉会館
渡邊智明(わたなべ・ちあき) 浅草寺福祉会館
鈴木裕介(すずき・ゆうすけ) 高知県立大学社会福祉学部助教
坂本智代枝(さかもと・ちよえ) 大正大学人間学部教授
相川章子(あいかわ・あやこ) 聖学院大学人間福祉学部教授
石田賢哉(いしだ・けんや) 青森県立保健大学健康科学部講師
鈴木孝典(すずき・たかのり) 高知県立大学社会福祉学部准教授
伊東秀幸(いとう・ひでゆき) 田園調布学園大学人間福祉学部教授

著者紹介

石川 到覚(イシカワ・トウガク)

大正大学大学院人間学研究科特任教授

岩崎 香(イワサキ・カオリ)

早稲田大学人間科学学術院准教授

北本 佳子(キタモト・ケイコ)

昭和女子大学人間社会学部教授