四六判上製
280頁
1700円+税
ISBN978-4-7877-1710-8
発行;2017/10/25
窮鼠の一矢


河合敦/著


【目次】

小説 窮鼠の一矢


大政奉還、王政復古の大号令、辞官納地、そして鳥羽・伏見の戦いから戊辰戦争へ。
めまぐるしく変わる事態に、去就にまよう北越の小藩・村上藩内藤家。藩主が国元に不在のなか、若き家老・鳥居三十郎は、前藩主・内藤信親から「新政府に恭順する」ことで藩をまとめるよう、密命を帯びる。ところが藩内は、新政府との徹底抗戦を主張する“主戦派"と“恭順派"、どちらにも決められない“日和見派"の三つに分かれ、激しく対立してしまう。
さらに悪いことは続き、藩政の混乱に耐えられなくなった藩主・内藤信民は自ら命を絶ってしまう。
武士の意地か、お家の安泰かーー窮したすえに三十郎がとった行動は、誰もが想像だにしなかった奇想天外な奇策だった……。


【著者紹介】

【著者】河合 敦(かわい・あつし)
1965年東京都生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(教育学研究科社会科教育専攻 日本史)。
高校教師27年の経験を生かし、歴史研究家、歴史作家として講演、執筆、テレビをはじめとするさまざまなメディアで日本史の解説を行っている。
第17回郷土史研究賞優秀賞、第6回NTTトーク大賞優秀賞受賞。
近著に『日本史は逆から学べ』『変と乱の日本史』(共に光文社知恵の森文庫)、『「お寺」で読み解く日本史の謎』(PHP文庫)、『「夢のお告げ」が変えた日本史』(KAWADE夢文庫)などがある。

Copyright (C) SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.