Google
wwwを検索 新泉社サイト内を検索
社会思想[アイヌと沖縄]
図書目録
人文関連
哲学・思想宗教心理・精神医学人類学・民俗学言語
歴史関連
歴史・地誌・風俗考古学シリーズ遺跡を学ぶ・第1期−第2期第3期−第4期古代史探訪 −No.1 −No.2 −No.3
社会学
No.1
−No.2
政治・経済・福祉・教育
教育・福祉・ソーシャルワーク政治・経済・社会運動 −No.1 −No.2
海外事情
中東アジアオセアニア南北アメリカヨーロッパ
社会思潮
現代社会論差別・人権ジャーナリム記録・ノンフィクション女性史・セクシュアリティアイヌと沖縄平和・戦争責任・天皇制新左翼
生活環境・暮らし
まちづくり・社会史環境問題・暮らし・反核住民運動農を考える食・健康・生活気功・癒し
文学・エッセイ・芸術
文学・本の本評伝芸術
評論
評論
その他
かるた/梟社刊行物
野草社図書目録

−No.1 −No.2 −No.3−No.4
自然生活
80年代



新刊・近刊案内

表示価格は税別の定価です。
お求めの際は消費税を加算ください。
小社から直送する場合は、梱包送料として1回につき290円がかかります。
株式会社 新泉社
〒113-0033
東京都文京区本郷2-5-12
Tel 03-3815-1662
Fax 03-3815-1422
E-Mail  shinsensha@
     nifty.com

関連リンク
新泉社・野草社 編集室ブログ

NR出版会
出版協
平和の棚の会

Last updated 2017.5.31

既刊案内

A5判上製
176頁
2800円
ISBN978-4-7877-1007-9

 

アイヌ、風の肖像

宇井眞紀子 /写真・文

北海道・二風谷の山ぎわの一角にある伝統的な藁葺きのチセ(家)で、アイヌ女性アシリレラさんとともに共同生活を送る老若男女。
20年間にわたって二風谷に通い続け、アイヌ民族の精神の深部を親密な眼差しでとらえた写真と、アシリレラさんのことばのコラボレーション。

詳細
     
A5判
288頁
2200円
ISBN4-7877-8418-8
アイヌ、いま。
北国の先住者たち

西浦宏己/写真と文

『沖縄・与那国島』をはじめ数々の著作がある写真家が、北海道の町村や観光地にあるアイヌ系住民の集落を訪ね歩き、その暮らしぶりの取材と聞き書きを行った記録。12万の文字と60葉の写真でとらえ、アイヌの風俗、生活、祭りなどを語りかける。1984年初版、重版7刷。

 
A5判
254頁
2400円
ISBN4-7877-9707-7
アイヌ、いまに生きる

西浦宏己/写真と文

「アイヌ文化振興法」が成立したが、アイヌ民族が強く求めていた「先住権」などの諸権利の保障は一切もりこまれていない。アイヌが生きやすい環境づくりをめざして活動している、北海道の二風谷と札幌、首都圏、京都に住んでいる6人にルポルタージュする。

 
四六判
288頁
1800円
ISBN4-7877-9313-6
軋めく人々、アイヌ

堀内光一/著

明治政府は、アイヌ民族に対して、狩猟生活の破壊、農耕の強制とともに、「北海道旧土人保護法」にもとづき全道各地に「土人学校」をつくり、アイヌ子弟をそこに放り込み同化教育を強制した。当時通学した人たちの取材を通して忘れられた差別教育の実態を明らかにする。

 
A5判上製函入
560頁
20000円
ISBN4-7877-9413-2
アイヌ語正典
真義への研究

藤原聖明/著

近年アイヌ語が注目されるようになってきたが、その解釈は金田一京介氏や知里真志保氏に代表されるアイヌ語研究の先達の理解に負っている。それらの解釈が多くの誤りを犯していることに気づいた著者が、十余年の研鑽をへて完成させたアイヌ語の正しい解釈書。

 
改訂版 A5判
272頁
2500円
ISBN4-7877-8711-X

ユーカラは甦える
アイヌ語世界への入門

ポン・フチ/著

アイヌモシリ共同体世界は、近代の文明社会とは異質の文化をもつ世界である。そのユーカラとは何か、カムイとは何か、を通してアイヌモシリの世界を解明した力作。長編叙事詩『ポンヤウンペ・ユーカラ‐アルケ‐カムィ‐ネ、アルケ‐アィヌ‐ネ』対訳を付す。

 
改訂版  A5判
272頁
2500円
ISBN4-7877-8007-7 
ウレシパモシリへの道

ポン・フチ/著

人間共同体アイヌモシリから、自然と渾然一体をなすウレシパモシリへ。近代日本が圧殺した自然共同体の復権に向うポン・フチの力作第三弾。日本語では表現不可能な自然共同体の世界を、アイヌ語の一字一句が含む意味から解明。女の愛と精霊を詠う『ユーカラ』を付す。

 

A5判
204頁
1800円
ISBN978-4-7877-1215-8

 

アイヌ語の贈り物
アイヌの自然観にふれる

野上ふさ子/著

物語は贈り物のように── 
アイヌ語の初歩会話やカムイへの祈りの言葉、ユーカラなどの伝承、物語を解説しながら、自然の中で生きる人びとの叡智と豊かな自然観を紹介する。

詳細
     
新版 四六判
484頁
2500円
ISBN4-7877-9524-4
沖縄の民衆意識

大田昌秀/著

沖縄で起きた政治・経済・社会の主要な事件を琉球新報や沖縄毎日新聞などの記事内容から分析し、近代沖縄を解明。「沖縄が現在おかれているような事態が、かりに本土の一部にあるとしたら日本政府や日本国民は、はたしてそのまま放置するだろうか」(「まえがき」より)

 
四六判上製
272頁
2000円
ISBN4-7877-0610-1
死者たちは、いまだ眠れず
「慰霊」の意味を問う

大田昌秀/著

師範学校在学中に凄惨な沖縄戦に動員され生死をさまよい、奇跡的に生還した著者が、戦後の自らの慰霊の道のり、沖縄住民が建立した慰霊碑の数々、県知事時代に建立した「平和の礎(いしじ)」への思いなどから、真の慰霊とは戦争をしない道を追究することだ訴える。

 
四六判上製
304頁
2800円
ISBN4-7877-0501-6
沖縄・反戦平和意識の形成

与那国 暹/著

今や沖縄県は基地の島を逆手にとって反戦平和思想(運動)の発信基地たるまでに意識の変容をとげるに至った。米軍統治下の沖縄で起こった社会変動の中で、とりわけ社会意識の変容に注目し、「沖縄のこころ」の中核をなす反戦平和意識の形成過程を膨大な資料を駆使し分析。

 
Copyright (C) 2006 SHINSENSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.